100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!
クッチーナママさん 40代・ママ

これ欲しい!
「100にんのサンタクロース」は、子供…

ぱぱぐらさんの公開ページ

ぱぱぐらさんのプロフィール

じいじ・ばあば・50代・山梨県

自己紹介
母の介護のため早期退職しました。
今年(2007年)の夏に「ぐらんぱ」になる予定です。
月1回図書館で男性グループのお話し会をしています。
好きなもの
本、映画
ブログ/HP
毎月1回のお話し会の様子や、身の回りの出来事を綴っています。

ぱぱぐらさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ウケを狙うなら コレ!  投稿日:2008/06/18
大きな大きな絵本 ぴっけやまの おならくらべ(チャイルド本社刊)
大きな大きな絵本 ぴっけやまの おならくらべ(チャイルド本社刊) 作: かさい まり
絵: 村上 康成

出版社: チャイルド本社
保育所でのお話し会に、この本の大型絵本版を持参して読みました。
対象とした子供たちはもちろん、保育所の先生方もクスクス笑ってました。

ちいちあゃい子供は「ウンチ」「しっこ」「おなら」などの言葉が好きですよね。そんな子供たちの心をわしづかみすること間違いナシ!

ちいちゃいネズミや大きなクマ、澄まし屋のツルみんなどんなおなら比べをすのでしょうか?
子どもたちの興味はいやがうえにも大きく膨れていきます。

絵もシンプルでわかりやすいし、
文章もリズミカルで読みやすい。
絵本で楽しい時間をすごしたいときにはおススメ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小津安二郎の映画?  投稿日:2008/05/05
紙しばい屋さん
紙しばい屋さん 作・絵: アレン・セイ
出版社: ほるぷ出版
何より、外国の方がこの本を書いたことが驚きです。
まるで小津安二郎の映画を見ているような感じを受けました。
古い家や、風景、何より最後のページの老夫婦のつつましやかな夕食の様子が、「清貧」を感じさせ、
しみじみと した味わいを感じさせてくれます。

私自身は幼少時期に紙しばい屋さんを見たことはなかったのですが、実際に見たことのある人にとっては、一層胸に迫るものがあるのではないでしょうか?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あんどら・・ いんどら・・ うんどら!  投稿日:2007/09/07
てじな
てじな 作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 福音館書店
地元の地区のお話し会で取り上げました。
あんどら・・・ いんどら・・・の呪文をみんなで練習してから始めました。
呪文とともに、次々と展開される手品。
大きな毒蛇が鮮やかに変わったのには、みんな驚きました。
最後のピースサインも受けてました。

小さなサイズの本ですが、なかなか楽しめる本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ありんこ の 好きな子 集まれ  投稿日:2007/04/16
2ひきのいけないアリ
2ひきのいけないアリ 作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 村上 春樹

出版社: あすなろ書房
アリの好きな私としては絶対のお勧め!
私自身幼い頃、アリを眺めては自分の体が小さくなって、
アリと同じくらいになったらどうだろう?
アリについて行ったら、地面の下のアリの巣はどんなふうになってるだろうかなんぞと想像したものだった。
私と同じようなこどもは絶対夢中になると思う。

絵が良い。
アリの視点で書かれたストーリーも良い。
2ひきの いけないアリ の経験する
アドベンチャー・ストーリー
人間の家はこんなにも危険に満ちていたのだ。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット