宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぽるてらいおんさんの公開ページ

ぽるてらいおんさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、女の子9歳 女の子6歳

ぽるてらいおんさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい やさしい魔法使い  投稿日:2019/01/18
まほうつかいとねこ
まほうつかいとねこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 鈴木出版
魔法使いの集会に連れて行く黒猫を広告で募集した魔法使い。しかし魔法使いの家にやってきたのは白猫でした。雪の中を追い返すのもかわいそうと魔法使いは家に置いてあげることにしました。集会には黒猫を連れていかなければなりませんが、さあどうしましょう。そこで魔法使いはある方法を思いつきます。魔法ではない意外な秘策…。

幼稚園での読み聞かせで読みました。子ども達から素敵なお話だった!と好評でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 参加型でおもしろい  投稿日:2018/12/28
ぜったいに おしちゃダメ?
ぜったいに おしちゃダメ? 作: ビル・コッター
出版社: サンクチュアリ・パブリッシング
幼稚園児に向けた読み聞かせで読みました。
タイトルでは押しちゃダメと言っていますが、押さないことにはお話が始まりません。
子ども達に押してもらったり参加してもらいながら楽しくお話を進めることができて良かったです。
コミカルなタッチなので、自然と主人公のラリーをイメージして声色を変えて読んでしまい、それも子ども達にはウケていました。
家の子ども達も気に入って繰り返し読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 悲しいけれどほんわか  投稿日:2018/12/04
やさしいライオン
やさしいライオン 作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
次女が幼稚園の絵本貸し出しで借りてきて、珍しく「家にあったらいいと思うから買って」といった本。
悲しい衝撃の結末ですが、犬のお母さんがライオンを思う優しさや温かさ、犬に育てられたライオンがお母さん犬に寄せる信頼や強い思いがじわりじわりと伝わってきます。
重いテーマで悲しい結末を迎えるけれど、子どもが聞きやすい短い文章やリズミカルな言葉運び、やさしく語りかけるような語尾で、すっと心に入ってくる温かさを感じました。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット