しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ママ!は〜い♪さんの公開ページ

ママ!は〜い♪さんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女1歳

ママ!は〜い♪さんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 赤ちゃんのときからのお気に入り  投稿日:2008/10/30
ねこがいっぱい
ねこがいっぱい 作・絵: グレース・スカール
訳: やぶきみちこ

出版社: 福音館書店
うちは猫を飼っているわけでもなく、まだ本物の猫を見たことがない赤ちゃんの頃から、娘はなぜかこの絵本がお気に入りでした。何度も何度も見たがっていました。ページごとに声色を変えると更に喜びました。
絵はカラフルではありませんが、子供をひきつけるものがあるのでしょうね。

夫が読むときに、太った猫のページで「ママだね」と言っていたので、1歳頃には娘も太った猫を指して「ママ」と言うようになってしまいました。
また、最後にすべての猫が出てくるページで「どの猫が好き?」と聞くと太った猫を指していました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 字が大きいのも良いです  投稿日:2008/10/30
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
絵がカラフルで素敵なのと「探す」というのが面白くて購入しました。
まだほとんど話せない娘なので、ちょっと早いのかな?と思ったのですが、初めて読んだときからすべてのページの金魚を指さして、ニコっと笑ってくれました。
そのうちに、得意気にすばやく指さして、次のページを早くめくろうとするようになり、一瞬で読み終わってしまいます。
字が大きくて文が簡単なので、字がわかるようになったら自分で読めるという点も良いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 0歳におすすめ  投稿日:2008/10/30
BABY TOUCH いろ
BABY TOUCH いろ 絵: フィオナ・ランド
出版社: 主婦の友社
角が丸いので、0歳の娘にも安心して触らせることができました。
触って楽しめて、色を教えることができる。絵本というよりおもちゃに近いので、0歳からおすすめです。
うちの娘は「ぼこぼこのかえる」と「ふわふわのとり」がお気に入りでした。「ふわふわのとり」は私も何度も触りたくなる手触りです。
ただ、夫は「みどりのくま」と「あかいねこ」に納得がいかないようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あいさつを学べるかわいい絵本  投稿日:2008/10/28
こんなときってなんていう? おうちのなかで
こんなときってなんていう? おうちのなかで 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
とてもかわいい絵と、おうちのなかでのあいさつという基本を教えられるので私も気に入っています。

娘がまだ言葉が出る前から読んでいますが、「もしもし」で電話を耳に当てる仕草や「おしっこ」でオムツに手を当てたりします。
「だーいすき」のときには私が娘を抱きしめていたら、そのページになると娘から抱きついてきてくれるようになりました。
最後が「おやすみなさい」なので、寝る前によく読んでいました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ままごとと一緒に楽しんでいます  投稿日:2008/10/28
おやさいとんとん
おやさいとんとん 作: 真木 文絵
絵: 石倉 ヒロユキ

出版社: 岩崎書店
娘が「ままごと」で野菜をトントンするのが好きなので「ちょうどいい!」と思い購入しました。

顔のある野菜の絵がかわいらしく、文もリズミカルで楽しいです。
この本を読むときは、ままごとの包丁を持たせるようにしたら、本の上でトントンするようになりました。
また、野菜を洗うページでは本に触って野菜を洗う真似をしたり、最後は食べる&食べさせる真似をしたりして楽しんでいます。

この絵本で料理のイメージができたのか、トントン切るだけだったままごとでも料理の真似をするようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おともだちができるのが楽しみ♪  投稿日:2008/10/28
こんなときってなんていう? ともだちできたよ
こんなときってなんていう? ともだちできたよ 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
同じシリーズの「おうちのなかで」と一緒に購入し、最初に娘が気に入ったのは「おうちのなかで」ですが、今はこちらのほうがお気に入りのようです。

まだお友達と上手に遊べないし、言葉もほとんど言えませんが、「どうぞ」「ばいばい」などの仕草をします。
月齢の近い女の子がいる友人の家に行く予定を伝えた後、この本を何度も読みたがっていました。単なる偶然かもしれませんが、お友達になりたい気持ちはあるのかも・・・と嬉しく思いました。

お友達と上手に付き合える年齢まで長く愛用したい絵本です。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット