宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みこMAMAさんの公開ページ

みこMAMAさんのプロフィール

ママ・40代・新潟県、男13歳 男10歳 男7歳

みこMAMAさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ちょっと以外  投稿日:2010/12/03
どきっ!恋するってこんなこと
どきっ!恋するってこんなこと 作・絵: 宮西 達也
出版社: 岩崎書店
宮西達也さんの本は絵もストーリーも暖かくて大好きです。
この本はちょっと以外!?ちょぴっり大人になった気分を味わえます。
恋いし始めたあのころ、ドキドキしたあの時、表現がストレートに素直で笑えます。ドキドキします。あの頃にタイムスリップしちゃうかも!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつまでも続きますように  投稿日:2010/12/01
いわたくんちのおばあちゃん
いわたくんちのおばあちゃん 作: 天野 夏美
絵: はまの ゆか

出版社: 主婦の友社
優しい絵と優しい、いわたくんちのおばあちゃん。二つともピッタリあっています。写真を撮られるのがいやなおばあちゃん。「いやーよ」このやさしい返事に平和が続きますように。と心から思います。涙なしでは読めない本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いるよね  投稿日:2010/12/01
あのときすきになったよ
あのときすきになったよ 作: 薫 くみこ
絵: 飯野 和好

出版社: 教育画劇
いるんです。こうゆう器用じゃない女の子。だけと本当に優しい女の子が。絵もダイナミックでどうなるの?とひきこまれます。
やっぱり一番感じるのは、絵本のすごみ。この本を読み終わった後の心に響くあの思いは絵本ならではだと感心しました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 素直になろう  投稿日:2010/11/30
にんげんごみばこ
にんげんごみばこ 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
このタイトルに何だろう??と思いました。
可愛らしい絵、明るい色使いでも内容はストレートに心に響きました。
本当にその人はいらないの? 絵本ってすごい、大人もズーンと響きます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う やっぱりいいね  投稿日:2010/11/19
シニガミさん
シニガミさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
絵本ナビで検索していたときの事、この本まだ読んだことない
ととびつきました。それもそのはず、まだ出版されてまもないときだったのです。宮西達也さんの作品は、絵も文章もとっても暖かく、いいいい感じです。今回5年生に読み聞かせをしましたが、みんな集中して絵本の中に入っていました。私も、オオカミ、こぶた、シニガミと3役を楽しみながらできました。読み手もじんわり暖かくなるこのお話。読み聞かせにおすすめです
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい クリスマスプレゼント  投稿日:2010/01/05
賢者のおくりもの
賢者のおくりもの 作: オー・ヘンリー
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 矢川 澄子

出版社: 冨山房
お話は以前から知っていましたが、お話の内容を改めて読み購入を決めました。手にした時の大きさ、挿絵の繊細さ、お話の素朴さ・・・・。
どれをとっても素敵でした。自分の心に残るプレゼントになりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かさなりました  投稿日:2009/04/28
おこだでませんように
おこだでませんように 作: くすのき しげのり
絵: 石井 聖岳

出版社: 小学館
私は小学校の読み聞かせのボランティアをしています。本探しの為に絵本ナビに立ち寄りました。その週は次男(男の子3人兄弟のママです)とぶつかることが多く、ほとほと、疲れ、いきずまっていました。何でわかってもらえないのか、何で同じ事ばかりするの?毎日言い合いが続きました。そんなとき、この本に目か止まったのです。なんだか、すごく子供の気持ちも親の気持ちもわかりました。そして次男が僕みたいだねてって言ったのです。はっと思いました。すごくせつなくなりました。わかってなかったのは、私かも...。立ち止まる事ができた本です。
参考になりました。 0人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット