ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ばけたくん10周年めの「おるすばんの巻」! どんなおるすばんするのかなー?

まめ♪さんの公開ページ

まめ♪さんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男6歳 女3歳

まめ♪さんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供が夢中です。  投稿日:2009/06/13
もりのかくれんぼう
もりのかくれんぼう 作: 末吉 暁子
絵: 林 明子

出版社: 偕成社
5歳の息子が幼稚園の図書室から自分で探して借りてきました。
やさしいタッチの絵の中にさまざまな動物や、『かくれんぼう』が隠れていて息子はもう夢中!ここに○○が隠れているんだよ。ここに○○が隠れているんだよ。と夢中でページをめくりながら教えてくれます。

迷い込んだ森の中でこんな楽しい体験ができるなんて。これは夢だったのかしら?と不思議な夢物語のようなお話ですが、読んだ後に心が温かくなり、こんな森に行ってみたい、かくれんぼうと一緒に遊びたい・・・と何度も息子が言い、私も心から納得したお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供が読んでくれます。  投稿日:2009/06/13
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
昔大好きでよく読んだ本なので、息子が2歳の時に買ってきて読み聞かせました。

みんなが順番にそれぞれを引っ張って最後にかぶを抜くという単純なお話なのですが、『うんとこしょ、どっこいしょ』という、つい自分でも声に出して言いたくなる独特の掛け声や、何度も繰り返される誰かが誰かを呼びに行き、順番に引っ張るという動作がなんとも楽しく、繰り返し読み聞かせているうちに、まだ字が読めない息子が自分で覚えて読んでくれるようになりました。

『うんとこしょ、どっこいしょ』の掛け声の時は実際にかぶを引っ張る真似をしたり、犬が出てくれば「ワンワン」、猫が出てくれば「ニャンニャン」と泣き声も付けてくれたり、最後にかぶが抜けた時は「やった〜、ばんざ〜い」と大喜びしながら読んでくれる様子はとてもほほえましく、私の大好きな一冊が息子の、そして今では娘の大好きな一冊になりました。
参考になりました。 1人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット