いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

かっちゃんママさんの公開ページ

かっちゃんママさんのプロフィール

ママ・40代・千葉県

かっちゃんママさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 懐かしい・・・。  投稿日:2012/02/10
きかんしゃやえもん
きかんしゃやえもん 作: 阿川 弘之
絵: 岡部 冬彦

出版社: 岩波書店
主人に「昔読んだ絵本で記憶に残っている本ってある?」
って聞いたらこの本「きかんしゃやえもん」と言ったので
購入してみる事にしました。
主人はとても懐かしがっていました。
内容についてはあまり覚えていなかった様ですが、絵の雰囲気はそのままだそうで嬉しそうに話してくれました。
息子に自分が子供のころに読んでいた本を読んであげられるって
とてもほのぼのしますね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 毎日の読み聞かせに  投稿日:2012/02/10
新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365
新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365 作: 千葉 幹夫
出版社: ナツメ社
毎晩寝る前にベッドの中で呼んでいます。
本が厚いので結構重たくて腕が痛くなりますが、色々なジャンルのお話が掲載されているので、まんべんなくお話を読み聞かせ出来てとてもいいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 痛いの痛いのとんでいけ〜  投稿日:2011/08/07
ノンタンいたいのとんでけ〜☆
ノンタンいたいのとんでけ〜☆ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
「いたいのいたいのとんでいけ〜」
誰でも一度は使った事がある言葉でしょう。
ノンタンがタータンとおもちゃの取り合いをしてタータンにけがをさせてしまい、ノンタンは「いたいのいたいのとんでいけ〜」をしますが
飛んで行った先は、お山さんだったり、海さんだったり・・・。
お山さんも、海さんもいたいいたいになってしまいみんなを食べてしまいそうになりますが、最後はかいじゅうさんに飛んで行け〜をします。
かいじゅうさんもまたいたいいたいになってしまうかも・・・。
と、みんな怖がっていましたが、かいじゅうさんはいたいのが大好物でむしゃむしゃ食べてしまうという可愛いお話です。
最後にはまたみんなで仲良く遊んでいます。
今後「いたいのとんでいけ〜」するとき、いつもこのお話を思い出すでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う サンタクロース!!  投稿日:2011/08/07
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりぐらシリーズは大好きです。
この本はたまたま外出先の待合室にあり、息子に読み聞かせたら
とてもたのしそうに喜んでいたので購入しました。
ぐりとぐらが大きな足跡をみつけ、その足跡をたどると一軒の家にたどり着きます。
そこはぐりとぐらのお家で、ふたりがいつものようにコートや手袋や靴下をいつもの場所にかけようとすると、もうそこにはかかっていて
家の中に人影を探すと、キッチンからカステラを焼くにおいがしてきて
サンタクロースさんがふたりにケーキを焼いてくれていました。
サンタクロースさんは、次の場所へ出かけるためにすぐに出発してしましますが、素敵なケーキのプレゼントをもらい、大勢のお友達が美味しそうなにおいに集まってきてみんなでケーキを食べ楽しいときを過ごしたというお話です。
いつも沢山のお友達と一緒にみんなで楽しく・・・。
絵もとても素敵で、本当にぐりぐらはとても素晴らしい絵本だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お豆ずき  投稿日:2010/08/30
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
この本は、児童館で読んだことがあり、内容は知っていました。
先月で2歳になった息子は、大のお豆ずき!
そらまめ・枝豆・グリーンピース・・・。
食べるのも、見るのも大好きです。
そんな息子がきっと喜んでくれると思い、この本を購入しました。
やはり、思っていた通り、息子は喜んでくれて、毎日のように
読んで!と持ってきます。
 
初めは、自分のフカフカで最高のベッドをお友達に貸せない
そらまめくんでしたが、うずら鳥さんの出産がきっかけで
みんなを自慢のベッドに招待してあげる、とても優しく、
大きな心を持つことが出来たそらまめくんがとっても素敵です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐり♪ぐら♪ぐり♪ぐら♪  投稿日:2010/08/30
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
主人や私も子供の頃に読んだ本を息子にも読んであげたくて。
やっぱりいいですね♪
大きな卵を見つけて、あまりにも大きいくて卵を運べず・・・。
お料理道具をもってきて、その場で薪に火をつけてカステラを作って♪
この本を読んでから、息子は思い出したように「ぐりっぐらっ♪」
と歌うようになりました(笑)
もう少し大きくなったら、ぐりぐらのカステラを一緒に作って
食べてみたいと思います。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 出産お祝いのプレゼントに!  投稿日:2010/03/13
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
お友達の出産祝いに、この本をプレゼントしました。
後日、連絡を頂き、「絵がはっきりしていて、まだ2カ月の赤ちゃんも興味しんしん、喜んでいたよ!」と、とても喜んでもらえました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 福音館書店  投稿日:2010/03/13
ずかん・じどうしゃ
ずかん・じどうしゃ 作・絵: 山本 忠敬
出版社: 福音館書店
1歳半になる、息子に購入しました。
バスや、救急車など、最近とても興味があるみたいで
毎日のように、本を開いては、楽しそうに
「バス、バス!!」「きゅーきゅーしゃ!」「ピーポーピーポー!」
と、次々と言葉が出てきます。
同じくらいの月齢の男の子が遊びに来ると、それはもう取り合い!
みんなやはり、興味があるのですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっとだけ  投稿日:2009/11/17
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
こうやって少しずつ成長していくんですね。
子供ながらに、自分自身で色々考え、いっぱい我慢して
ママの事を気遣い、自分なりに努力して色々頑張っている
けな気さが何とも言えず・・・。
自然と涙が溢れてきてしまいました。

私は今、二人目を妊娠中です。
二人目が産まれたら、毎日の忙しさに余裕など
なくなってしまうかも知れませんが、そんな時は
この本の「なっちゃん」を思い出し、優しい気持ちで
お兄ちゃんを見守ってあげられたら、と思います。

とっても素敵な本に出会えて、幸せです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う がたんごとん  投稿日:2009/11/17
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
今、1歳4ヶ月の男の子で、近頃、乗り物が大好きです。
動物も、食べる事も大好きです。
そんな息子の大好きな物ばかり載っている本だったので
購入してみました!
思っていた通り、いやそれ以上に、本を開くと大興奮です(笑)

でんちゃ、バナナ、にゃ〜ん・・・と自分の知っている物を
つぎつぎと言葉にして楽しんでいます。
絵もシンプルだし、字も必要以上に書かれていないので
とても読みやすくて良いと思います!
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット