オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

ひっぱりだこの大スター
全ページ、お試し読みで読みました。 …
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  おとなになることが楽しみになる絵本『もとこども』発売記念 富安陽子さん、いとうひろしさん対談インタビュー

もとこども、今 絵本作家


なんて可愛い! いとうさん、富安さん、それぞれの子ども時代の写真です。

───いとうさんは、ポーズも衣装もキマってますね!

いとう:これは3〜4歳ですかね。怪傑ハリマオに扮しているところですね。

※怪傑ハリマオ…正義の日本人「ハリマオ」が、秘密結社やスパイ団と戦う冒険活劇の子供向けドラマ。

富安:帽子をターバン代わりにしたり、いろいろ考えてる! 「どうだ」と勝ち誇った感じが出てますね。

いとう:L字型の積み木をピストルにしていますね。うちは4人兄弟の末っ子だから、兄姉たちが面白がってこういうことをよくやらせていたのかもしれないです。

───富安さんは、兄弟仲睦まじい1枚ですね。

富安:あ、この写真は絵本の帯に使ったものじゃないんですけど、お気に入りの1枚なんです。私は3人兄弟の長女でした。歳が離れていたのもあって、当時、弟たちは私に頭があがりませんでした。今でもそういうところがあります(笑)。


帯にも、おふたりの子どもの頃の写真がのっています!

いとう:よーくわかります。ぼくも歳の近い姉たちのオモチャでしたから。いまだに「あなたが今生きていられるのはね、私たちがちゃんと面倒みてあげたからなのよ。わかっているのかな?」なんて言われます。そもそも最初から「お前は私たちが拾ってきてあげたんだ」って。

富安:それ、私も同じこと言いました! うちの台所に梅干を干す大きなザルがあったんですが、弟たちに「お前たちはこれに乗って川を流れてきたのを私が拾った」と教えていました。

いとう:うちでは、「橋の下にあった段ボールからガサガサ動く音がして、捨て犬かなと思って開けたら、赤ちゃんが入っていた」と、教わりました(笑)。それを拾って育てたと。信じるものかと思っていたけど、繰り返し言われていると、なんだか本当に段ボールの隙間からさびしげに外を見ていた記憶が蘇ってきて・・・。

富安:蘇ってきちゃってる(笑)。言い続けると刷り込まれてしまうんですよね。

───お二人は、どんなお子さんだったんでしょうか。

富安:私はなんとなくボンヤリしたところがある子どもでした。中学校の頃の思い出ですが、理科の実験中に、衣替えの後でポケットの中にナフタレンが入っていたんです。ふと、実験のビーカーに入れたくなって、ポンッと入れたら、ぼーーーっと煙があがって、先生が飛んできました。匂いをかいで、「誰だナフタレン入れたのー!」って。何でやったか理由をきかれたとき、「ポケットに入っていたからです」って言ったら、ものすごく怒られましたね。そういう感じの子どもでした。
家庭科でもスカートを作る授業で、はりきって縫ったら裾も縫い合わせてしまって、大きな袋が出来あがったこともありました。

いとう:それはボンヤリというか、あとさき考えないタイプって言うんじゃない?(笑)

───いとうさんは、お写真を見るかぎりとてもやんちゃだったように見えますが。

いとう:ぼくは、学校終わったら、ランドセルを放り投げて、毎日暗くなるまでみんなと遊んでいる子どもでした。
クモの巣とか卵を持って帰ったり、かまきりの卵を押入れに隠したり、いろんなことして怒られましたね。「ひろし、何やったー!」って。毎回心当たりが多すぎて何で怒られるのか見当がつかないくらい(笑)。いちばん覚えているのは、ドブ川からウシガエルのオタマジャクシをバケツに山ほど捕ってきて、フタをして庭の物置小屋のすみっこに隠しておいたの。数日後、また「ひろしーー!!」って怒鳴られて、何だろうって思ったら、中で全部死んで腐っていて、もうすごい匂いで。あれはひどかったね。

富安:お願いだから、そういうものは隠さないでー!

いとう:川に落っこちたり木から落っこちたり、よく死ななかったなと思います。みんなで大きな石を割る遊びをしていて、持ち上げた石を自分の頭に落とてしまったこともありました。60年生きてきて、クラ〜ッとなったのはあの時だけだなあ。

富安:うちの息子たちもそうでしたが、どうして男の子って引き寄せられるように危ないことをするんでしょうかね。

いとう:やってはいけませんと言われたことは、1回やってみたいんだよね。「いけない」と書いてあったら、「さあやってみろ」という挑戦状です。「押してはいけない」というボタンは「押してみろ」。非常ボタンや、お見舞い先の病院のナースコールも、「やってやろうじゃん」と。

───完全にいたずらっ子ですね。

出版社おすすめ



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー
年齢別絵本セット&学年別児童書セット

富安陽子(とみやすようこ)

  • 1959年東京都に生まれる。児童文学作家。 『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会賞新人賞、小学館文学賞受賞、『小さなスズナ姫』シリーズで新美南吉児童文学賞を受賞、『空へつづく神話』でサンケイ児童出版文化賞受賞、『やまんば山のモッコたち』でIBBYオナーリスト2002文学賞に、『盆まねき』で野間児童文芸賞を受賞。「ムジナ探偵局」シリーズ(童心社)、「シノダ!」シリーズ(偕成社)、「内科・オバケ科 ホオズキ医院」シリーズ(ポプラ社)、「やまんばあさん」シリーズ「妖怪一家 九十九さん」シリーズ(理論社)、YA作品に『ふたつの月の物語』など、著作は多い。

いとうひろし

  • 1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。独特のユーモラスであたたかみのあ る作風の絵本・挿絵の仕事で活躍中。おもな作品に 「おさるのまいにち」シリーズ(講談社刊、路傍の石幼少年文学賞受賞)、「ルラルさんのにわ」シリーズ(絵本にっぽん賞受賞)「くもくん」(以上ポプラ社刊)、「あぶくアキラのあわの旅」(理論社刊)、「ごきげんなすてご」シリーズ、「ふたりでまいご」「ねこと友だち」「マンホールからこんにちは」「アイスクリームでかんぱい」「あかちゃんのおさんぽ@A」「ねこのなまえ」(以上徳間書店刊)など多数。

作品紹介

もとこども
もとこどもの試し読みができます!
作:富安 陽子
絵:いとう ひろし
出版社:ポプラ社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット