新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  ぱくぱく食べているように口が動く楽しいしかけ絵本『とびだすえほん たべるのだあれ?』<ブランニュープラチナブック>

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2021.11.25

  • twitter
  • Facebook
  • line

ぱくぱく食べているように口が動く楽しいしかけ絵本『とびだすえほん たべるのだあれ?』<ブランニュープラチナブック>

楽しく遊べて、プレゼントにもぴったりの1冊

  • とびだすえほん たべるのだあれ?

    出版社からの内容紹介

    本を開いたり閉じたりするたびに
    ぱくぱく食べているように口が動くしかけ絵本です。
    「たべるのだあれ?」という問いかけに
    「はーい!」と返事をしているどうぶつを当てたり、
    ぱくぱくと一緒に食べる真似をしたりと、
    楽しく遊べて、プレゼントにもぴったりの1冊です。

この書籍を作った人

すぎはら けいたろう

すぎはら けいたろう (すぎはらけいたろう)

絵とデザインの仕事を中心に、近年は空間デザインのアートディレクションやモザイクタイルの壁画など、幅広い仕事を手がける。様々な素材を組み合わせた作品は、ガラクタを集めたオーケストラのように、にぎやかで楽しいハーモニーを奏でる。「とびだすえほん たべるのだあれ?」「トトのかんぱい」「パタンパ!」「ピーターとおおかみ」刊行。2021年「とびだすえほん たべるのだあれ?」A’ Design Award 金賞、Indigo Design Award 金賞/2018年「ソレイユ川崎・それいゆ保育園」キッズデザイン賞/2009年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 入選

レビュー紹介

口の動きがリアル

ページをめくると、いろいろな動物たちが、おやつを食べています。「たべるのだあれ」のくりかえしが、ここちいいですね。小さな子どもでも、あそびやすいシンプルなしかけで、動物たちの口が動きます。動物ごとに特徴がよくとらえられて、おもしろいなと思いました。私はヤギさんの口の動きが楽しくて、何回も動かしてみました。こっくりとしたニュアンスのある紙の切り絵がオシャレで、大人も楽しめました。裏表紙のネズミくんがほほえましくて、笑ってしまいました。本の大きさや、丈夫な作りが、小さな子どもにぴったりです。

(どくだみ茶さん 40代 ママ)

ねこさんといっしょに「はーい!!」 受賞レビュー

長女(4歳)があかちゃんのときは、意識して絵本を読む時間を作っていましたが、次女が生まれてからはバタバタしてなかなかゆっくり赤ちゃん絵本タイムを作ってあげられず、頭の片隅で気になっていました。赤ちゃん絵本は家にあるものの、たくさんある他の絵本に紛れて、うーんどれ読もっか…と迷っているうちに長女から「これ読んで!」と急かされ…じっと座ってられない次女はいつのまにかハイハイで探索へ…

そんなときばぁばにもらった図書カードで本を買おう!と本屋に行き、次女にも何か絵本を…と見つけたのがこの「たべるのだあれ?」です。

絵本ナビさんでおすすめされてたやつだ!と購入し、家に帰って開いてみると、チャーミングな動物たちがモリモリといろんなものを食べている姿がとっても楽しい!!姉妹揃って絵本の中に入っていくんじゃないかというくらい前のめりで見ていました(後ろから読んでる母は子どもたちの頭で文字が見えない)

とくに次女(9ヶ月)が声を出して喜んだのは、ネコさんとネズミさんのページ、「ふぅ?!♪」と楽しげな様子でおめめもキラキラ。絵本でこんなに反応を示したのは初めてだったので、読んでるこちらも楽しくなり、家事そっちのけで「もう一回読む?」と誘ってしまうのでした。
「○○たべるのだあれ?」「はーい!」のやりとりも楽しく、何度も読むうちに、絵本のどうぶつたちといっしょに次女が「はーい!」と手を挙げるようになりました。

そしてとっても助かったのはご飯のとき!離乳食を食べるのに飽きてきて機嫌が悪くなったところで、「おかゆたべるのだあれ?」「はーい!」「○○ちゃん!ぱくぱくもぐもぐおいしいなあ?!」とやると、「それしってる」と言わんばかりににやっと笑って食べてくれました(笑)

4歳の長女が気に入ったのはヤギさんの口の動き。「おくちずれてるよ?」というご指摘から、「ヤギってこうやって食べるんだよ」とヤギの咀嚼動画を一緒に検索して見て、親子でまねっこしてみたり。

最後のかばさんの大きなお口はもちろん、絵本を動かしながら子どもたちの可愛い頭をばくばく!「きゃ?!!」ととっても盛り上がった絵本タイムでした。

とってもシンプルな内容ですが、ユーモラスでかわいい動物たちが、小さな赤ちゃんにも身近な「たべる」という動作を、とっても楽しんでいる様子に親も子も夢中になれるしかけ絵本です!切り絵(というんでしょうか)のテイストもしかけの動きもポップでおしゃれで見応えがあります!
姉妹や兄弟でも一緒に楽しめる絵本だと思います。

(あきょうさん 30代 ママ)

絵本ナビがおすすめする「ブランニュープラチナブック」(2021年11月選定)からご紹介

ブランニュープラチナブックとは……?

絵本ナビに寄せられたレビュー評価、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

「ブランニュープラチナブック」は、1900万人の絵本ナビ読者の評価と販売実績を得て、新しく「プラチナブック」に仲間入りした注目の人気作品。作品を推す読者のコメントを読むと、選ばれた理由がわかります。

絵本ナビプラチナブック

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット