ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  制作日記  >  『しろうさぎとりんごの木』ができるまで

『しろうさぎとりんごの木』ができるまで 石井睦美さん×酒井駒子さん 往復書簡

この秋、文溪堂さんより「自信を持ってお薦めしたい作品」の発売を予定している…との噂を耳にしました。
なんでも石井睦美さんと酒井駒子さんのコラボレーションとのこと。そして、題名は『しろうさぎとりんごの木』。一体どんな絵本が生まれてくるのでしょう。ドキドキしてきますね。

そこで絵本ナビでは、発売を予定している10月上旬までの間、石井睦美さんと酒井駒子さんがどういう思いでこの作品を作られていたかを、「往復書簡」という形で連載させていただくことになりました!皆さんと一緒にその完成を待ちわびることにしましょう。
まずは石井さんから酒井さんへ宛てられたメッセージから…。

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

石井 睦美【いしいむつみ】

  • 神奈川県生まれ。
  • 『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞。駒井れん名義『パスカルの恋』(朝日新聞社)で朝日新人文学賞、絵本の翻訳『ジャックのあたらしいヨット』(BL出版)で産経児童出版文化賞大賞、『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞。
  • 作品に「わたしはすみれ」シリーズ(偕成社)、『しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ』(BL出版)、『ビックバンのてんじくネズミ』(文溪堂)、『兄妹パズル』(ポプラ社)、『愛しいひとにさよならを言う』(角川春樹事務所)、『都会のアリス』(岩崎書店)など多数。

酒井 駒子【さかいこまこ】

  • 兵庫県生まれ。
  • 『ゆきがやんだら』(学研)はオランダで銀の石筆賞を受賞。『きつねのかみさま』(ポプラ社・作:あまんきみこ)で日本絵本賞。『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞。『ぼく おかあさんのこと...』(文溪堂)では、フランスでPITCHOU賞、オランダで銀の石筆賞を受賞。
  • 絵本に『よるくま』(偕成社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など多数。

スペシャルコンテンツメニュー



全ページためしよみ
年齢別絵本セット