かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれものの試し読みができます!
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
おいしいものつくろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おいしいものつくろう

  • 絵本
作: 岸田 衿子
絵: 白根 美代子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おいしいものつくろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年04月
ISBN: 9784834080582

読んであげるなら・4歳から
自分で読むなら・小学低学年から
20X27cm 32ページ

出版社からの紹介

小川のそばに住むアライグマの家の朝ご飯は「ぱっくりドッグ」、ウサギの家の朝ご飯は「オムレツ・フラメンコ」。お昼はいっしょにひなたやまに遠足にいって食べることにしました。お弁当は「おむすびごろりん」と「たからじまサラダ」。おやつの「かじゅえんゼリー」、晩ご飯の「たのしみどうふ」……。その名も楽しい料理のレシピがそれぞれ短い詩になって、お話を進めていきます。

ベストレビュー

当たり前ではなかった・・・。

「今日も家族がそろって、おいしくご飯が食べられて幸せ!」

そんな当たり前の幸せを感じさせてもらえる絵本。

もう20年以上も前のことですが、子どもに読んでいた時は単純にそう思っていた。

でも今読み返すと・・・

あらいぐまさんちはおばあちゃん(お母さんにも見えますが、正確な表記がない)と二人の子どもたち。
うさぎさんちはおじいちゃんと、4人の子どもたち。
そのうち一人は思春期の入り口のお兄ちゃん。
みんなで遠足に出発することになっても、一人で本を読んでいたり、後から着いて行ってこっそり覗いていたりと、中々可愛い。

そんなお隣さん家族の一日が『食』を中心に描かれている。

作者の岸田衿子さんは1929年生まれ。
戦争を経験されている。お父さんお母さんがいない生活を目の当たりにしていたかもしれない。食べることでさえ苦労されたはず。その時代を生きてこられた岸田さんのお話と思いながら読むと、一日一日をもっと大切に生きようと思う。

おいしいものが食べられる幸せ。
おいしいものを一緒に食べられる家族がいる幸せ。

この幸せは有り難いことなんだと、この本から今は感じさせてもらえます。

最後のウサギのおじいちゃんの言葉が響きます。

「まー きょうも ぶじで なにより なにより」 
(Dandelion629さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸田 衿子さんのその他の作品

ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた / さんぽ だいすき / プッポコとペッポコ

白根 美代子さんのその他の作品

おばあさんのひっこし / おとうさんはひつじかい / 大きなけやき / 虫めずる姫ぎみ / おいしいもの つくろう / あいうえおっとせい



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

おいしいものつくろう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット