ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
かみコップのフェスタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かみコップのフェスタ

作: 古川 タク
写真: 小川 忠博
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「かみコップのフェスタ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年

3〜4〜5才向き
ちいさなかがくのとも 2005年12月号

出版社からの紹介

たっくんが夜の台所で、かいま見た不思議なできごと。紙コップの変身人形カミーのかけ声に応じて、紙コップたちが次々と金魚や象、海亀などに変わっていきます。普通の工作の本ではなく、作品が創造されていく時に、作り手の頭の中で展開する物語を写真絵本に組み立てました。

ベストレビュー

トイレットペーパー芯のたこ

娘はトイレットペーパーの芯でタコを作るのが好きです。
とても簡単にできるのですが、
クレヨンや色鉛筆で色を塗るので、毎回カラフルなタコが出来上がります。
この本は、たまたま図書館で目についた本でした。
娘の創作意欲の参考になるかな?と思い借りました。
ただの紙コップが、
命をもらったように生き生きとした動物などに生まれ変わります。
娘「おもしろ〜い。すごい!」と感心したようです。
次回は紙コップでいろんなものを作りたいそうです。
(ぜんママさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳)

出版社おすすめ


古川 タクさんのその他の作品

リトルTの冒険 / 紙芝居 えのなかのゆうれい / ことばメガネ / 絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば) / はんぶん ちょうだい / 紙芝居 あなからみえるよ

小川 忠博さんのその他の作品

ぼくらのおうち / くっく くっく / 土の中からでてきたよ / ポッペンポッペン / ゆげ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

かみコップのフェスタ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット