話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
小学館あーとぶっく3 ピカソの絵本

小学館あーとぶっく3 ピカソの絵本

  • 絵本
作・絵: 結城 昌子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,440 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「小学館あーとぶっく3 ピカソの絵本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784097271130

AB判/32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ひとつの顔にふたつの顔、あちこち向いてるへんな顔。ピカソの世界で遊ぼう。

<シリーズ解説>鑑賞する名画から体験する名画へ。絵の見どころや画家の個性を、リズミカルな詩とわかりやすい解説で紹介する新感覚の絵本シリーズです。

ベストレビュー

固くないアート絵本

アート絵本だけど、まったく固い感じがしない。
むしろめちゃ面白い感じです。

実はものすごくアートに疎い私。
芸術センスゼロに近いです。
なので、ピカソについても全く知りませんでした。
ピカソの描く絵の多くが、恋人の多くだったなんて!!
なんて恋多き、罪深い男だったんだろう・・・
母と娘の両方に手をだしていたなんて・・・
などなど、ピカソの違う側面に感動していた私です。

最後には、ピカソの絵とモデルの写真とのクイズもあって、これもまた面白い。
いわれたらそうだけど、やっぱ分からない!!
私の芸術センスはやっぱりゼロに近いようです^^;

子供の反応はというと、最初???だったのですが、やっぱり何か惹かれるみたい♪
読み終わっても再度、自分でページをめくって、読んでいました。
その後も「もう1回読んでえ!」ともってきたり・・・
ほんまピカソの絵ってどっちみているのかわからないので、子供は上からみたり、反対にしたり・・・
好きなように読んでいました。
あっちもこっちも気になるのは、何か私にも子供にも共通するなあと思っていました。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


結城 昌子さんのその他の作品

広重の絵本 遠くへてくてく 小学館あーとぶっく14 / 北斎の絵本 富士山みえた〜!! 小学館あーとぶっく15 / フェルメール この一瞬の光を永遠に / 直感こども美術館 すごいぞ! ニッポン美術 / 小学館あーと知育ぶっく 名画ここどこ / ケイティとスペインのおひめさま


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 小学館あーとぶっく3 ピカソの絵本

今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

小学館あーとぶっく3 ピカソの絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット