まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
はらぺこライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はらぺこライオン

作: ギタ・ウルフ
絵: インドラプラミット・ロ
訳: 酒井公子
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「はらぺこライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784861930218

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「森じゅうはしりまわるのなんて、もうまっぴらだ。まるまるふとったおいしいシカが
たべたいなあ」とつぶやいたライオンが、狩りにいくよりもっとらくな方法を思いつきました。
さて、成功するのでしょうか。インド古来の「ワルリー画」とゆかいな昔話が、よみきかせにぴったり! 
カナダ・アルクイン国際図書児童図書部門最優秀ブックデザイン賞受賞作品
 
 この絵本の絵は、インド西部に住むワルリー族に古くから伝わるワルリー画で描かれています。ワルリー画は、家々の赤土の壁に、米をすりつぶし、水で溶かして作った白い顔料と竹のペンで描かれ、その題材は村の日々の生活や、神話、伝説から取られたものとのことです。(――訳者あとがきより)

ベストレビュー

インド民話

インド民話です。お腹を空かせたライオンのシンガムは、獲物を目の前にしても、なかなか食べることが出来なくてちょっと気の毒になりました(笑)間抜けでお人よしなのか、相手のほうが賢いからか、騙されてしまうシンガムでした(笑)
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

酒井 公子さんのその他の作品

おばけはどこじゃの かぞえうた / ベンガルの民話 たまごからうま / わにのアーサーおよばれにいく / ちいさなちゃいろいうし



こんにちは!世界の児童文学&絵本

はらぺこライオン

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット