バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

  • 絵本
作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784861930171

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鯛と申しますと “お目出タイ”と俗に言われますように、お祝いの席には欠かせないものでございます。日蓮さんが誕生したときには無数の鯛がバシャバシャと跳びはねたとの伝説が残っているくらい、それはまあ慶事と言えば「鯛」、刑事といえば「タイ陽にほえろ!」なのでございます (^-^;
えー今回のお話は、そんなふうに人間に珍重される鯛の立場はいかなるもので相成りましょうやと、まさにこれから人間に料理されてしまうかもしれない鯛の気持ちをつづったものなのでございます。
とある居酒屋のいけす。一匹の鯛が板さんの差し出す手網から見事に脱出成功。仲間うちから「おぉ!」と歓声が上がったのでございます。ヒーローの名は新入りのロク。彼は正真正銘、天然の真鯛でありまして、その姿形、そして華麗な動きたるやさすがは名産「明石の鯛」といった風情でございます。それに目をつけたのが、このいけすの主(ぬし)ギンギロはん。なんと当店の開店当時、つまり20年も前からいけすに住まうというツワモノだ。
「おまはん、天然もんやな。しかも瀬戸内もんやろ」
さすがは大牢名主のギンギロはん。ロクの出自をピタリと当てる離れ業。「ワシも本(真)鯛なんや、よろしゅうたのむわ」てなことで、ギンギロはんはロクが滅法気に入ったんでございますな。
「ここで生きのびていくためには頭をつかわんとな。おまはんだけにはおしえたろ。ちょっと耳貸しな」「どこが耳がようわかりませんねんけど……」てな具合にギンギロはん、いけすで長生きするコツをロクに伝授するのでございます。
「ええか、客の好みを覚えなあかん、あ、あれは電気屋の尾崎はんや」
「よう知ったはりますなあ」
「あの人はめったに鯛は食わん。最後に食ったのは1年2カ月前や」
まあ、そんなこんなで秘伝の技を数々伝授されたロクなのでございますが、好事魔多しとでも申しましょうか、先の板さんにつけ狙われていたのでございましょう、ちょっとした隙に横から前から手網が迫ってきたのでございます。この大ピンチ、ロクは見事に切り抜けることができたのでございましょうか。はたまたギンギロはんの運命やいかに!
ということで、落語テースト満載の、「これはぜひとも読みタイ!」というお話でございました。おあとがよろしいようで……

ベストレビュー

桂三枝だ!!

この絵本の著者を見てびっくりしました!!桂三枝さんが書いていました。落語だったので、お話も長かったですし、絵も一場面をとらえたものがページごとに一つずつだったのでうちの子は最後まで聞いてくれるかなって思っていたのですが、落語独特の語り口調が気に入って楽しんでいました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桂三枝さんのその他の作品

峠の狸レストラン / さよなら動物園 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス / 桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ / 桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(3) 悲しい犬やねん

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(1) 美しく青き道頓堀川



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット