あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
チュウリップの幻術
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チュウリップの幻術

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 田原田鶴子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784039637802

小学中級から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さなチュウリップがみせる、春の午後のファンタジー。魅惑的な幻想と東北の早春の風景が美しく溶けあった、賢治のかくれた名作。

ベストレビュー

酩酊

ああ、感想、うまくかけるか、とてもとても自信がありません。
私の文章は、この宮沢賢治の世界のひろがりを伝えるには、あまりにもつたなすぎるのです。
でも、やっぱり書いてしまいましょう!

個人的な意見なので、眉をひそめられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
宮沢賢治のお作は、文芸作品、というよりは、工芸作品のように感じるのです。
背中を丸くして、賢治が作品と対峙しているのが、目に浮かぶよう。
宮沢賢治独特の、言葉の放つ光というものが、私をとらえて離さないのです。
特に、私がひかれたのが、この「チュウリップの幻術」です。
短編ですが、宮沢賢治らしさが、随所に見られる作品です。

それが、絵本として登場しているのを発見しました。

ーごらんなさい。
あの花の盃の中からぎらぎら光ってすきとおる蒸気が
丁度水へ砂糖を溶かしたときのように
ユラユラユラユラ空へ昇って行くでしょうー
チュウリップが、お酒を作り出す。
この文章、なんとも美しい表現です。

ああ、読んでいると私も、光の酒に酩酊してしまうようです。
田原田鶴子さんのこの絵も、職人技!といいたくなります。
絵の雰囲気だけで、「あ、これ東北の風景だな」と分かる絵ですね。
正直、その特性上、宮沢賢治さんの文章を、絵本や、他の映像作品にしあげるのは、たいそう苦労がいるのでは、と思うのですが、
この作品は大変すばらしい仕上がりだと思います。
きっと、賢治にひかれているファンの方々も、納得される出来栄えではないか、と思います。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / ますむらひろし版 宮沢賢治童話集「やまなし/ひかりの素足」

田原田鶴子さんのその他の作品

童話絵本 宮沢賢治 やまなし / 風の又三郎 / 銀河鉄道の夜



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

チュウリップの幻術

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13




全ページためしよみ
年齢別絵本セット