新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
チュウリップの幻術

チュウリップの幻術

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 田原田鶴子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784039637802

出版社のおすすめ年齢:中学年〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さなチュウリップがみせる、春の午後のファンタジー。魅惑的な幻想と東北の早春の風景が美しく溶けあった、賢治のかくれた名作。

ベストレビュー

酩酊

ああ、感想、うまくかけるか、とてもとても自信がありません。
私の文章は、この宮沢賢治の世界のひろがりを伝えるには、あまりにもつたなすぎるのです。
でも、やっぱり書いてしまいましょう!

個人的な意見なので、眉をひそめられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
宮沢賢治のお作は、文芸作品、というよりは、工芸作品のように感じるのです。
背中を丸くして、賢治が作品と対峙しているのが、目に浮かぶよう。
宮沢賢治独特の、言葉の放つ光というものが、私をとらえて離さないのです。
特に、私がひかれたのが、この「チュウリップの幻術」です。
短編ですが、宮沢賢治らしさが、随所に見られる作品です。

それが、絵本として登場しているのを発見しました。

ーごらんなさい。
あの花の盃の中からぎらぎら光ってすきとおる蒸気が
丁度水へ砂糖を溶かしたときのように
ユラユラユラユラ空へ昇って行くでしょうー
チュウリップが、お酒を作り出す。
この文章、なんとも美しい表現です。

ああ、読んでいると私も、光の酒に酩酊してしまうようです。
田原田鶴子さんのこの絵も、職人技!といいたくなります。
絵の雰囲気だけで、「あ、これ東北の風景だな」と分かる絵ですね。
正直、その特性上、宮沢賢治さんの文章を、絵本や、他の映像作品にしあげるのは、たいそう苦労がいるのでは、と思うのですが、
この作品は大変すばらしい仕上がりだと思います。
きっと、賢治にひかれているファンの方々も、納得される出来栄えではないか、と思います。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

715円
990円
1,980円
3,960円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
275円
880円
1,760円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

チュウリップの幻術

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら