新刊
ちいさなトガリネズミ

ちいさなトガリネズミ(偕成社)

トガリネズミのささやかな幸せに満ちた生活を描く絵童話

  • かわいい
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

こちらゆかいな窓ふき会社

こちらゆかいな窓ふき会社

作: ロアルド・ダール
絵: クェンティン・ブレイク
訳: 清水 奈緒子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784566014244

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ビリー少年が好きだった、すてきなオンボロ家が売れてしまった。買ったのは、なんと、キリンとサルとペリカンの、おかしなへんてこりんな3人組。そして〈窓ふき会社〉をはじめた!  ひょんなことからビリーも手伝うことに…。ユーモアいっぱいのゆかいな物語。

ベストレビュー

魅力的なワンダーランド

図書館で、小学生中学年のお勧めの本とされていました。

息子の感想は、
「おもしろーい。」
キリンとペリカンと猿で、五階建ての公爵邸の窓ふきが出来る訳には、
「ペリカンの口に仕掛けがあったから、キリンはそうくると思った!」
と面白がっていました。
話の長さと絵の少なさに根気負けしてしまいそうな4歳の娘も
動物達の凄腕ぶりには、喜んでおりました。

最後には、キリンとペリカンと猿の、永住の地が決まり、
そして、僕の「お菓子屋」再興の夢も叶う。
お店に置いた、とてつもない仕掛けのお菓子やその名前に、
息子は想像が追いつかないほどでしたけど・・・

作者は、「チョコレート工場の秘密」を書いた方、
さすが、冒険心やファンタジーに満ちた素敵な展開です。
こんな話をたくさん子供に聞かせたいなと思います。
(ぽた子さん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぴょん
    ぴょん
    出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    新しい季節がやってきました。うれしくなってだれかがぴょん!言葉のリズムとユニークな絵が楽しい絵本



【最終考察】『100万回言えばよかった』を『100万回生きたねこ』で読み解く

こちらゆかいな窓ふき会社

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット