ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ

  • 絵本
絵: バーサンスレン・ボロルマー
文: 中川素子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年03月13日
ISBN: 9784097267072

3歳〜10歳
B5判・32P

出版社からの紹介

子どもに伝えたいインドの昔話

あわてんぼうのウサギが、大きな音を聞きつけて、「世界が壊れた!」と思い込みます。森の動物たちは、大騒ぎ。そこに現れた森の王さま、ライオンが、「本当のことを自分の目で見極めることが大切だよ」と諭します。

昔むかし、おしゃかさまがライオンだったときのおはなしです。
インドの海の近くに、ウサギがすんでいました。ある日昼寝をしていると、「ドッダダッドーン」というものすごく大きな音がしました。ウサギは、びっくり仰天!「世界が壊れる−」と逃げ出しました。「死にたくない〜!」と走っていくウサギを見て、森の動物たちも大慌て。みんな逃げ出しました。
さてさて、本当に、世界は壊れてしまうのでしょうか?
その様子を見ていたラインが、「どうして逃げているのか?」とたずねると、動物たちは、口々に「世界が壊れはじめたのです」と答えました。
世界が壊れる音とは、何だったのでしょうか?

ジャータカ物語とは、おしゃかさまの前世の物語です。おしゃかさまは、前世で動物など様々な生を受け、善行を積んできたから、偉大な仏になったと信じられています。そして、このジャータカ物語は、仏教の教えだけにとどまらず、人間としてのあり方が、寓話性豊かに語られているところから、イソップ、グリムなど世界の説話文学に影響を与えています。

ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ

ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ

ベストレビュー

ヤシの実ひとつで大騒動

お釈迦様が前世で経験した話という事ですが、現代にも当てはまる教訓になっています。
ヤシの実の落ちる音にビックリしたウサギが大騒動を巻き起こします。
何しろウサギ自身には「事実」だったのですから、仕方がありません。
思い込みは誰にでもあることですが、ちょっと冷静になる間も必要ですね。
この絵本は、流言が大騒動を起こす仕組みも描いていますが、勘違いがいつの間にか事実になってしまって、収拾がつかなくなってしまった事件も世の中にはあります。
沈着冷静な存在も必要だと痛感します。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

バーサンスレン・ボロルマーさんのその他の作品

りゅうおうさまのたからもの / トヤのひっこし / ゴナンとかいぶつ モンゴルの昔話より / バートルのこころのはな / おかあさんとわるいキツネ / センジのあたらしいいえ

中川素子さんのその他の作品

アウスラさんのみつあみ道 / 絵本は小さな美術館 / エイラトさんのへんしんのうじょう / エイラトさんのへんしんどうぶつえん



ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

ジャータカものがたり あわてんぼうウサギ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット