十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ティモシーとサラの絵本 9 なないろのキャンディー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ティモシーとサラの絵本 9 なないろのキャンディー

  • 絵本
作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784591081167

5歳〜
19cm x 13.5cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おかあさんと作ったいちごジャムのおれいに、フローラさんから
なないろのキャンディーをもらったサラは、みんなにわけてあげることにしました。

ベストレビュー

七色のキャンディー

実にまっすぐなお話です。
相変わらずのあまーいお話。
私は変わり者ですので、こういったものはクセがなくてどうもね…なんて思っていたのですが。
なのにまあ、この本の、読後感のすばらしい事といったら、どうでしょう!

サラは、手作りジャムのおすそ分けのお礼に、キャンディーをもらいます。
色とりどり、七色の、全部違う味のキャンディー。
一人で全部食べちゃおうかな?
でも、サラは思い直します。
みんなにひとつずつ分けてあげよう。きっとそのほうが、楽しいもん。
でも、最後のひとつだけは、誰にもあげないの。
一番嬉しい事があったとき、食べるんだ!

あげる人にぴったりのキャンディーをサラは選びます。
お母さんにはミルク、お父さんはみかん、ティモシーはぶどう。
キャンディーをもらった人たちとサラの、楽しそうなこと!
ただ、それだけのことなのに、とても嬉しそうで、読んでいるこちらも幸福な気持ちになります。

さて、サラは、最後にひとつ残ったキャンディーをいつ食べるのでしょう?
嬉しい事があった時に食べると決めたキャンディー。

このお話の展開が、実に王道なのですが、本当に幸福感いっぱいになるのですよね。
あまりに素直すぎて、あっけにとられつつも、サラの気持ちに同調できて、素敵な気持ちでページを閉じることが出来ます。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


芭蕉みどりさんのその他の作品

ティモシーとサラ ちいさなとしょかん / ティモシーとサラ はなやさんからのてがみ / ティモシーとサラ てづくりケーキコンテスト / ティモシーとサラの絵本(既刊11巻)  / ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの / ティモシーとサラの絵本 10 ひなぎくひめのおはなし



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ティモシーとサラの絵本 9 なないろのキャンディー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット