おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
わたしの妹は耳がきこえません
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの妹は耳がきこえません

作: ジーン=W=ピーターソン
絵: デボラ=レイ
訳: 土井 美代子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年
ISBN: 9784034210505

出版社からの紹介

「耳がきこえないって、耳がいたいの?」ときく友だちに姉が答えます。鋭い表現とやわらかくあたたかい絵で語る、ろうあ児の心の世界。

ベストレビュー

自分とは違う立場や環境の人を知ろう。

7歳小学校1年生の娘が,図書館で一人読みしました。
表紙のイラストからも真面目な内容の絵本であることが伺えます。
耳の聞こえない妹を持つお姉ちゃんが語る絵本です。
「耳が聞こえないとはどういうことか」,丁寧に書いてあります。
そんな妹を守ってあげる優しいお姉ちゃん。
家族の温かさや絆も感じられえる絵本です。
絵本を通して,自分とは違った立場や環境の人のことを考えるのも,子供にとっては人として良い勉強になると思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

わたしの妹は耳がきこえません

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット