にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ
わたしの妹は耳がきこえません
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの妹は耳がきこえません

作: ジーン=W=ピーターソン
絵: デボラ=レイ
訳: 土井 美代子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年
ISBN: 9784034210505

出版社からの紹介

「耳がきこえないって、耳がいたいの?」ときく友だちに姉が答えます。鋭い表現とやわらかくあたたかい絵で語る、ろうあ児の心の世界。

ベストレビュー

耳が聞こえない妹を愛する家族

作者の妹は耳が聞こえません
この作品はそんな妹を見守ってあげる姉の立場から書かれた作品です

お母さんは 小さい妹に言葉を教えるように何度もくり返し ボールやおもちゃで教えました
妹は 唇の動きから 言葉を読み取るようになりました
耳が聞こえないとはどういう事か 友達にも分かってもらったりします

耳が聞こえないとはどういう事かを 私たちに丁寧に教えてくれています

一緒に生活する中で 姉として 耳の聞こえない妹を守ってあげているのが すごいなあ〜と思います

家族とは愛するとは こういう事なのでしょうね

人間は いろんな苦労を乗り越えてそれでも生きていく そのことを教えてもらえました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

わたしの妹は耳がきこえません

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット