あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
うさぎのしるし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎのしるし

  • 絵本
作・絵: ひだ きょうこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うさぎのしるし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784251039835

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ひよちゃんは、にんじんが苦手な女の子。だから、庭のにんじん畑にうさぎがやってきて、にんじんを持っていっても、おかあさんにはひみつにしているのです。ある日、ひよちゃんにうさぎのパーティーの招待状が届きました。そこには「うさぎの しるしを みっつ みせること」と書いてあります。でも、うさぎのしるしって、なんでしょう? そして、うさぎのパーティーって、どんなパーティーなのでしょう?

ベストレビュー

うさぎのしるしって・・・?

絵がいまいち子供たちには受けないかな?と思ったのですが、全くそんなことはなく、上の子二人は楽しんでいました。
うさぎといえばなに???ときかれると、私も子供たちも長い耳としか思いつかず、読み進めてなるほどね!と、子供たちと納得しました。
にんじん嫌いの息子は絵本のようににんじんを好きになることはありませんでしたが、お話は面白かったです。
(ユナママさん 20代・ママ 男の子5歳、女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひだ きょうこさんのその他の作品

ほしうさぎとサーカスだん / えんそく ごいっしょに / ゴロゴロドーンかみなりさまおっこちた / むしゃむしゃかいじゅう / おひげやチョボチッチ / りんごのなかのビリー



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

うさぎのしるし

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット