もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
きょうはよいてんき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きょうはよいてんき

  • 絵本
作・絵: ナニー・ホグロギアン
訳: あしのあき
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きょうはよいてんき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784593500222

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

よい天気につられて散歩にでたきつねは、のどがかわいて、おばあさんのミルクを勝手に飲んでしまいました。怒ったおばあさんは……。アルメニア民話をもとにした、1972年コルデコット賞受賞作。

ベストレビュー

この世は厳しい!

そこにあったおばあさんの牛乳を飲んでしまったために、しっぽをちょんぎられてしまったきつね。仲間のところに戻って笑われないために、しっぽを返してもらわなければなりません。でも交換条件はなかなか厳しく、そう簡単にはいきません。最後にはやさしい人に助けられて無事にしっぽを縫い付けてもらえましたが、牛乳はずいぶん高くついたようですね。この世は甘くないようで、しかし、無条件の優しさに助けられることもある、意外に奥の深い話だと思います。

2歳の息子に読みました。交換条件というのがまだあまりよく理解できていないようですが、それでも話の繰り返しを楽しんでいました。

あまり馴染みのないアルメニアの民話ですが、あまり文化の違いを感じることなく読めるような気がしました。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ナニー・ホグロギアンさんのその他の作品

リベックじいさんのなしの木 / あくまの三本の金のかみの毛 / やぎのびりいとふとったなかまたち / どろぼうとおんどりこぞう

あしのあきさんのその他の作品

郵便局員ねこ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

きょうはよいてんき

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット