雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
たまごのおうさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまごのおうさま

作・絵: かとう まふみ
出版社: ビリケン出版

本体価格: ¥1,600 +税

「たまごのおうさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784939029431

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある夜、ユカちゃんの家の台所から小さな声が聞こえてきました。

♪たんたん たまごの おうさまだ つるつる あたまの おうさまだつるつる すべすべ だいすきだ おうさま ばんざい!

つるつる ばんざい!なんと、台所のテーブルの上でたまご達が大行進しています。ユカちゃんを見つけた、たまごの王様が言いました。「せかいじゅうの にんげんの あたまをわしと おなじ つるつるすべすべに するのじゃ!?さあ大変!ユカちゃんどうする……?

ベストレビュー

王様

卵の王様らしく、ティアラ、ステッキ、とんがった靴が素敵でよく似合っていました。家来をつれた卵の行進が面白いと思いました。
なんでつるつるにこだわるのかと思いましたが、つるつる頭では困るけれど、家族のつるつる頭は可愛かったです。卵の王様は、ユカちゃんに食べられてきっと満足しているような気がしました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かとう まふみさんのその他の作品

ぜったい わけてあげないからね / おならおばけ / どろろんびょういん どっきりどきどき / まあちゃんとりすのふゆじたく / にゃんともクラブ / どろろんびょういん たいへんたいへん



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

たまごのおうさま

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット