十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ワニになにがおこったか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワニになにがおこったか

  • 絵本
作: M・マスクビナー
絵: ヴァレンチン・オリシヴァング
訳: 田中 潔
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784033285702

5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

可愛い子ワニが生まれてくるのを待っていたガーパ。ところが殻を割って出てきたのは・・・なんと鳥のひな。面くらいながらもガーパを育てていく決心をします。がやがや言う周りの言葉には耳を貸さず、親子の愛情で結ばれたリーパと名づけられたひなはすくすく育っていきます。でも、やっぱりリーパは鳥なのです。飛ばなくてはならないのです。
 愛する子供の飛び立ちの日の為に必死で努力するガーパ。その後ろ姿に見とれていると、優しい親子の愛情物語というだけでは終わらず、思わぬ展開だったりします。このワニ達の豊かな表情、雰囲気のある情景、何だか郷愁を感じる素敵なおとぎ話はロシアから。表紙の、ワニが小鳥と手をつなぎどこかへ向かう様子の絵を見るだけでも只ならぬ雰囲気を感じ期待してしまいますよね。絵を描いているのは、U・ノルシュタインのアニメの制作にも携わっていたというアニメ作家だそう。ロシアアニメファンとして、惹かれてしまうのも無理ありません。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

卵から出てきたのは、なんと鳥のヒナ。驚きながらも現実を受け入れ子育てに奮闘するワニのガーパ。ロシアの素敵なおとぎ話。

ベストレビュー

親子愛と社会

ワニになにがおこったか、
たしかに平凡に暮らしていたはずのワニに何かが起きてしまうのです。
それも誰かが意図したわけでもなく。

卵からかえったのはワニではなくヒヨコでした。
周りのワニたちからさんざんな非難を受けながらも
懸命にパパとしてヒヨコのリーパを育てるガーパ。

息子のあるがままの姿を受け入れようと模索するガーパの姿や、
父親の期待に精一杯答えようとするリーパ、
そして彼らを取り巻く決してあたたかいとは言えない
「周囲の目」に深く考えさせられます。

子供も大人も、というより
みんなで考えることができるのではないかと思います。

そんな中、リーパの可愛さが強く目にとまります。
「パパ!」とすり寄るリーパのなんと可愛いことか。
リーパの姿にガーパが笑顔になるとき、
こちらまであたたかい気持ちになれました。



追加するなら、個人的に☆を一つ減らした理由として、
「異なる二匹の在り方」としてのラストを期待したところ
どこかへ飛んで行ってしまったという終わり方に、
社会において異なるものと共存することは不可能なのだろうか
と受け取ってしまったことです。
いや、周りのワニに変化がないことにこそ、
読者に対する議題の提示があるとは思うのですが。

あの親子があの場所で幸せになる方法はなかったのかなと思いました。
(齊藤ティラノさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヴァレンチン・オリシヴァングさんのその他の作品

フェドーラばあさんおおよわり / ハリネズミと金貨

田中 潔さんのその他の作品

でんわ / あらうよ バシャザブーン / めっちゃくちゃのおおさわぎ / ロシアのわらべうた / ごきぶり大王 / きつねとねずみ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

ワニになにがおこったか

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット