ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
12の星のものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

12の星のものがたり

  • 絵本
作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: ヴィレッジブックス

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「12の星のものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784863325517

読んであげるなら 6才から
自分読むなら 9才から
A4変型 36ページ

この作品が含まれるテーマ

▼ 絵本とあわせて欲しい♪カップやTシャツ、ぬいぐるみなど。
>>tupera tuperaさんの絵本グッズはこちら

みどころ

みんなそれぞれが自分の星を持っている12星座。でも自分の星座の物語って、知っているようで知らない。そういえば星座物語の絵本ていうのはあまり見ないような・・・。
「ギリシャ神話の中でも星座それぞれのお話がとても長かったり短かったり、内容の濃さもそれぞれ全然違う。それをひとつにまとめるのは本当に大変!」とお話して下さったのは編集担当の方。なるほど、それで創るのが難しいのですね。

そんな訳で待っていたのがこんな絵本。

何といってもこの絵本、12星座それぞれのギリシャ神話からイメージした見開きの迫力ある絵が美しい!コラージュとは思えない繊細な線と、コラージュならではの鮮やかな色彩。そこに詩の様に吟味された言葉のリズムも心地良い、星座の物語。巻末には星座表や見つけ方もついて。
おやすみ前に自分のページを眺めて、想像の世界はどこまでも広がりそうです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

12の星のものがたり

出版社からの紹介

12星座のギリシャ神話
夜空にうかぶ数えきれない星にはひとつひとつおはなしがあります
時を いくつもいくつも こえた
はるか むかし ギリシャの国の ものがたり
神は 天と地上を 行き来して 人と ともに くらしていた
わらったり ないたり おこったり
ときには 恋をしたりして…
今も 夜空に かがやいている 12の星のものがたり

ベストレビュー

12星座のお話をコンパクトに

12星座は有名ですが、個々のお話はあまり知られていないような気がします。
もともとギリシア神話なので、きちんと知ろうと思えば少し大変ですが、
この絵本では見開き(それでも絵が8割くらい)で終わるように
お話がすっきりまとめられています。
とりあえず自分の星座は、簡潔にこのおはなしでおさえておけば
安心(?)ですね。
しかも、とてもリズミカルな文章で、音読すると耳に心地よいです。
とにかく絵が綺麗なのでインテリアとしてもいいかも。
星座早見表などの解説もあって、星座の勉強にもなりますね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ツペラ ツペラ(tupera tupera)さんのその他の作品

わくせいキャベジ動物図鑑 / これはすいへいせん / おならしりとり / あかちゃん / かおノート モンスター / おばけだじょ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

12の星のものがたり

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット