宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
七人のふしぎなじいさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

七人のふしぎなじいさま

  • 絵本
作: 水谷章三
絵: 遠山 繁年
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784333022533

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

松谷みよ子氏が監修した、朝鮮の民話絵本シリーズの第3弾。隋の兵士たちの目の前に現れた、広大な清江河。勝利するには、渡るしかない。そこへ、七人のじいさまが現れて……。戦のあとの静けさが胸に沁みます。

ベストレビュー

朝鮮民話絵本

朝鮮民話絵本です。「朝鮮は、その昔から、一度として、ほかの国を侵略しようとしたことのない国です。そのことに誇りを持っている国のようです。」と、ありました。戦争をしても何も残りません!7人の不思議なじいさまに助けられて戦争が終わってよかったです。清川江の岸辺に立てられた七仏寺に行ってみたくなりました。7人のじいさまが、私にはお坊様のようにみえました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

水谷章三さんのその他の作品

紙芝居 馬になったむすこ / ワンダー民話館 ねこどんと ねずみどん / ももたろう / ごまひとつぶで… / ふうふうぽんぽんぽん / おばけのトッカビと朝鮮人参

遠山 繁年さんのその他の作品

きのうはどこ? / ゆめうりふくろう / かばくんの ラジオ / おおきさくらべ / ともだちをたすけたゾウたち / でんしゃがくるよ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

七人のふしぎなじいさま

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット