となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
とりの こもりうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とりの こもりうた

作: 木坂 涼
絵: 夏目 義一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「とりの こもりうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月

3才〜4才〜5才
ちいさなかがくのとも 2007年10月号

出版社からの紹介

夜、鳥たちはどこでねむるのでしょう。葉っぱのかげで、梢の上で、波に揺られて、鳥たちがねむろうとしています。いつも通う道ばたの木に、ねむっている鳥がいるかもしれません。昼間あそんだ公園にも、ねむっている鳥がいるかもしれません。ねんねんむう ねんねんむう。鳥たちのやわらかな羽毛のぬくもりが伝わってくるような美しい絵とともにおくる、鳥と子どもたちへの子守歌です。

ベストレビュー

夜のひと時に

夕刻から夜になり、いろんな鳥たちが眠る様子が優しいタッチで描かれています。
「ねんねんむう ねんねんむう」
言葉の言い回しも優しく、読んでいるうちにほっこりと心が落ち着く絵本です。
途中で、まだ起きている鳥に、「眠らないのかな?」と問いかける箇所は、わが子にもそろそろ寝ようねと遠回しに伝えることができ、お休み前に最適です。
2歳になったばかりの息子のお気に入りになりました。
(りんこママさん 30代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

エリック・カールのイソップものがたり / しーっ! ひみつのさくせん ボードブック / どうする ジョージ! ボードブック / わたしだけのものがたり / とらさんおねがいおきないで / オズのまほうつかい

夏目 義一さんのその他の作品

ときが とぶ そら / おおきくなりたいこりすのもぐ / 恐竜はっくつ記



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

とりの こもりうた

みんなの声(9人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット