ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ちびびさんの公開ページ

ちびびさんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、男4歳

ちびびさんの声

173件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい まるでパンダの写真集  掲載日:2008/6/21
パンダに あった
パンダに あった 写真: 岩合 光昭
出版社: 福音館書店
上野動物園の悲しいニュースのちょうど後で出会った本だったので少ししんみりしながらみました。お話というのではなく「かがくのとも」からの発行でもあり、その生態をわかりやすくしめした写真集のような本です。しかし、その写真はとってもとっても近い距離から撮影されていて普段ガラス越しでは見られないパンダの様子に驚きました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドキドキの先の感動  掲載日:2008/6/21
ほたるさわ
ほたるさわ 作・絵: 菊池 日出夫
出版社: 福音館書店
ほたるさわへほたるを取りに行く、田舎の子供達のお話。
夜の山道をおそるおそる歩いていく様子は黙って聞いてた息子も一緒に緊張しているのがわかりました。そしてドキドキしながらたどり着いた沢にはほたるがいっぱい!網を使ったらその網いっぱいにとれるなんてそんなに沢山のほたるを見たことがないので絵本とはいえ感動しました。それを捕まえてきて家でのんびり眺めたあと、そっと自然へ帰す。
そんな今や贅沢となった子供たちの夏の楽しみを息子にもいつか経験させてあげられたら、と思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う にんじんってホントは・・  掲載日:2008/6/21
うさこちゃんのはたけ
うさこちゃんのはたけ 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: まつおか きょうこ

出版社: 福音館書店
にんじんを育てる本って多くないですか?葉っぱがふさふさしてきて、抜いてみるワクワクは子供が楽しみにページをめくるのにちょうどいい野菜なのかもしれません。ですが・・にんじんはそうは簡単には育ちません。それを収穫するには結構日数のかかるもの。
息子はそれを庭での栽培で知っていましたので、うさこちゃんはすぐににんじんできていいな〜、と現実と可愛い絵本の世界をいったりきたり、の様子でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しいばかりではなく・・  掲載日:2008/6/21
ゆきのひ
ゆきのひ 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
自分で表紙のタイトルをみて読んで!と言い出した息子。ゆきといえば冬場に1回か2回降るか降らないかの楽しいもの、のイメージしかない彼に、雪の本当に沢山降るところはこうも大変なんだよ、の世界がちょっとだけ見えたようです。雪が重い、とか、吹雪で視界が遮られるとは思ってもみてませんから。
最後がカマクラでとっても楽しそうなところで終わるので心配したり、そうだったのか・・とドキドキしたことも忘れ、いいな、こんな雪のたくさんのところに行きたいな、と心はずませていたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目立つサイズ  掲載日:2008/6/21
いろいろ1ねん
いろいろ1ねん 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: あすなろ書房
かわったかたちの絵本ってそれだけで魅力に思うのはなぜなんでしょうね。息子も本棚の中で出っ張っているこの本を読んで読んでとよく持ってきます。
ちょうど1年の流れを他の本や園の生活で学び、順に進んでいくお話に興味津々でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかく可愛い!  掲載日:2008/5/31
そらまめくんのぼくのいちにち
そらまめくんのぼくのいちにち 作: なかや みわ
出版社: 小学館
とにかくお話も絵も可愛い!の一言に尽きます、大好きです、そらまめくんシリーズ。
息子はそらまめくんシリーズを知ってから豆類が大好きでスーパーでもいち早く出始めのそらまめをみつけ、外遊びではからすのえんどうにまで「豆だー!」と大喜び。
そらまめをむくお手伝いをしながら、ホントにふわふわだねぇ、と皮をなでていたのが嬉しそうでした。
お話中のたんぽぽベッドもつくりたがったのですがこれには大量のたんぽぽが必要でさすがに諦めました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さぁ、問題です。  掲載日:2008/5/31
だれの くるま?
だれの くるま? 作・絵: ニコライ・ポポフ
訳: 児島宏子

出版社: 福音館書店
クイズに答えたり、一生懸命考えてクイズ(ほとんど園で聞いたものだと思いますが)を出題したがるようになった息子が嬉しそうに持ってくる絵本がこれです。
車はそれぞれの持ち主の動物の特徴をよーく描いていてこれはだれの車でしょう?と答えがわかる息子の得意げな顔。
お話があるわけではなく、文字数も少ない、まして同じ文が繰り返しでてくるので、自分で読むにもいいようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後に地図!がいい  掲載日:2008/5/28
やまをこえる てつどう
やまをこえる てつどう 作・絵: 横溝 英一
出版社: 福音館書店
お話・・というか、この鉄道のしくみを完全に理解しようとしたら4歳には難しいと思います。「かがくのとも年長版」です。山をのぼり、おりて隣町へいく鉄道の様子が鮮明に描かれています。スイッチバックの説明、大回りしてのぼる様子、頂上付近からの景色など、実際に行ってみたい、経験させてあげたい、と思うシーンばかり。そのページごとに説明を加えながら読みすすめました。
最後にはそのコースの全体がわかりやすく地図のようになっていて、子供は大喜び。ストーリーのある絵本も好きですが男の子のせいか年齢とともにこうしたかがく(とまではいかなくても)系、ものの仕組みなどの本に興味があるようでなかなか見応えありました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい けなげなチョウスケ  掲載日:2008/5/28
チョウスケと とりのひな
チョウスケと とりのひな 作・絵: 劉郷英
出版社: 福音館書店
自分の食事を忘れてひなの面倒をみるチョウスケが
可愛くて可愛くて、息子とどうするんだろう、と
急いでページを進めて読みました。
チョウスケのけなげさは心優しく育って欲しいと願う息子にもわけてほしいなぁ、と思いながら
実は最後のひなが親鳥と会うシーンで
あ、親鳥に誤解されてチョウスケは怒られないかしら、と
思ってしまった大人のイヤな予想の自分にがっかりしましたw
ママ(の鳥)と会えて良かったね、と素直に思える息子には
ハッピーエンドとなるたくさんのこういう本と接して
欲しいものだと思います。

温かいタッチの絵も良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議ワールド  掲載日:2008/5/28
ねむたいうさぎの おまじない
ねむたいうさぎの おまじない 作: 征矢 清
絵: 北林 小波

出版社: 福音館書店
大きなうさぎの眠たい目はこわいけれど(実際の絵も!)そのうさぎがとっても素敵なおまじないをしてくれます。不思議の国のアリスのような(うさぎつながりでそうおもうだけ?)まさに不思議ワールドが広がっていて、夢中で読みました。ママの作ってくれたボールから物語が始まり、最後にママにうさぎのおまじないで咲いた花を持ち帰る、という登場しないママとの温かいエピソードも盛り込まれていてほんわかした気分になりました。
参考になりました。 0人

173件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット