庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
帆かけ舟、空を行く
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

帆かけ舟、空を行く

作・絵: クエンティン・ブレイク
訳: 柳瀬尚紀
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784566008779

小学校低学年〜

出版社からの紹介

車輪のついたおかしな舟が、大空を飛んでを行く。舟は、羽根を撃たれた鳥を乗せ、いじめられている女の子を乗せ、働かされて弱っている男の子を乗せ、なおも大空を行く…。この本は、世界中の1800人もの子供たちの協力を得てつくられました。

ベストレビュー

ぜひ読んでください

題名からは想像できない内容でした。読み終わって感動しました。ぜひ多くの人たちに読んでほしいと思いました。

読んでいるうちに、長谷川義史の「ぼくがラーメンたべているとき」を思い出しました。「ぼくが…」の方は、同じ日の同じ時刻に、世界のどこかでは働いている子ども、戦火で倒れている子どもがいるというもの。

こちらの本は、そういう子どもたちを救い出します。すべての大人が、子どもには幸せであってほしいと願ってほしいと思います。でも、実際に世界のどこかでは貧しかったり戦争だったりで、幸せとは言えない子どもたちが大勢います。その子どもたちの存在を私はどこかで気にかけながらもどこかで忘れています。

この本は、クェンティン・ブレイクと1800人の子どもたちの協力でできた本だそうです。見返しには、その子どもたちの名前が記されています。

子どもたちが自分のこととして、児童虐待、戦争、いじめなどを考えているのは、心強いことです。でも、大人として何か子どもたちのためにできないかとも思います。

大人としてまず私ができること、それはこの絵本を多くの人たちに読んでもらうことだと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クエンティン・ブレイクさんのその他の作品

みならい騎士とブーツどろぼう / すてきな曲芸師 アンジェロ / ふしぎな八つのおとぎばなし / スプロケットおばさんのポケット / サンタの最後のおくりもの / ザガズー じんせいってびっくりつづき

柳瀬尚紀さんのその他の作品

リアさんって人、とっても愉快! エドワード・リア ナンセンス詩の世界 / 聖ニコラスがやってくる! / 袋鼠親爺の手練猫名簿 / 天使のえんぴつ / きゃくいんソング / カタツムリと鯨



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

帆かけ舟、空を行く

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット