ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
クリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマス

  • 絵本
作: バーバラ・クーニー
訳: 安藤 紀子
出版社: ロクリン社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年11月02日
ISBN: 9784907542207

A5版 上製 40ページ

出版社からの紹介

コールデコット賞作家、バーバラ・クーニーが、美しい挿絵とともにクリスマスの歴史や習慣をコンパクトに教えてくれる本。

〈内容〉
イエス・キリスト誕生の物語から現代に至るまで、クリスマスの起源とその習慣をイラストとともに解説しています。「なぜサンタクロースがやってくるのか?」、「贈り物をしたり七面鳥を食べるのはどうして?」など、クリスマスの文化や歴史を教えてくれています。

〈絵の魅力〉
アメリカを代表する絵本作家の一人、バーバラ・クーニーは日本でもその人気は健在です。
本書は、およそ50年前に刊行された作品ですが、クーニーならではの可愛らしく美しい筆致のイラストは、決して時代を感じさせることはなく、むしろ現代においてより輝きを放ってくれるのではないでしょうか。

〈子どもからおとなまで〉
「クリスマス物語」ではなく、文化、歴史を伝えてくれる絵本です。子どものみならず、おとなも楽しめ、ずっと手元に残したくなる一冊。プレゼントにもおすすめです。

クリスマス

ベストレビュー

自分用に買いました

昨年のクリスマス時期に購入した本です。

息子にも読みましたが自分用に買いました。

バーバラ・クーニーの本ということでも惹かれました。

静かで美しい絵とクリスマスの起源や各国の風習の違いがわかるところが気に入っています。

クリスマス絵本は非常多いし、華やかな子ども向けの本も多いので、こういう本は見落とされがちかもしれませんが、クリスマスはプレゼントをもらってケーキを食べてというだけのことではないということを息子にも知ってほしかったこともあります。

絵本の絵をよく見ると、白と赤と緑と黒の四色だけが使われています。

クリスマスカラーいとわれるのは、白と赤と緑ですからその三色を効果的に使っていることに驚きました。

クリスマスの起源が非常にコンパクトに説明されていますので、起源を知りたいという方がおられたらぜひおすすめしたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ / ちいさな曲芸師 バーナビー / うまやのクリスマス

安藤 紀子さんのその他の作品

7つの怖い夜ばなし / みみずくのナイトとプードルのデイ / 24の怖い話 / ほんとうにあった12の怖い話 / コウノトリのおはなし えんとつのうえの車輪 / 12の怖い昔話



困っているぼくのところに本物の神様が!

クリスマス

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット