新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ほうれんそうマンよいこの1年生

ほうれんそうマンよいこの1年生

作: みづしま 志穂
絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社

税込価格: ¥990

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1985年03月
ISBN: 9784591018118

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
22cm x 15.5cm  88ページ

出版社からの紹介

ポイポイのクラスに、こわーいゾロコ先生がやってきました。じゅぎょうがはじまると、ゾロコ先生はへんな問題ばかりだします。

ベストレビュー

体罰OKの時代の、懐かしいギャグ満載

今年から(小学校)1年生に上がった、豚のポイポイ。前作でコテンパンにやっつけられた狐のゾロリは、学校の先生を誘拐してなりすまし、新一年生のポイポイに嫌がらせをして復讐しようとするが…

1985年発行。昔は家庭でも学校でも、子どもがイタズラしたりすると「ゲンコツで殴る」という体罰が普通にOKだった。今では「暴力教師」として訴えられるだろうが、当時はどこでも普通に見られた風景。
懐かしい、嫌な思い出が、当時、現役の子どもをやっていた世代には思い出されるだろう。
ゾロリ先生だから極端に意地悪、というわけではないのだ。

懐かしい体罰は「校庭10周」「廊下の雑巾がけ」等、よくもまあ、こんな鬼畜な事が堂々と許されていたのかと、呆れてしまう。子ども時代に、さすがに「廊下にバケツを持って立っていなさい」はなかったが、部活でへまをすると「体育館10周」などがあり、かなりしんどい思いをした。あれでやっつけられた子どもは、自分が大人になった時や上司になった時に、意地悪するようになるのだよ。

さておき、物語は相変わらずしょうもないギャグや、下品な話が満載で大笑いできる。ページをめくるたびに、明るくて品のないゲラゲラ笑いを連発できる素晴らしい絵本。大人も時にはストレス解消に、笑いとユーモア。でも体罰(暴力)はいけないよう。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
1,210円
1,650円
3,850円
3,300円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
440円
1,320円
660円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ほうれんそうマンよいこの1年生

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら