しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
岩波少年文庫 クマのプーさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 クマのプーさん

  • 児童書
作: A.A.ミルン
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784001140088

小学生から

出版社からの紹介

イギリスの詩人が幼い息子のために書いた楽しいファンタジー.クリストファー・ロビンが,クマのプーさんやコブタなど,大好きなおもちゃの動物たちとくり広げるゆかいなお話.

ベストレビュー

心がほんわかする本

 ディズニーのアニメであまりにも有名になりすぎているので、原作を読んだことがない人が多いのではないか。話の中に出てくるクリストファー・ロビンは作者の息子、クマのプーさん・コブタ・イーヨーなどは息子の持っていたぬいぐるみ(巻末にこれらのぬいぐるみの写真がある)である。つまり自分の息子に向かって、普段一緒に遊んでいるぬいぐるみが活躍する話を語って聞かせたのが、この話である。だからわが子への愛情にあふれ、読んでいるとクスクス笑う箇所はあるが、ゲラゲラ大笑いするようなものではなく、いつの間にか心がほんわかしてくる本です。
(オカズさん 50代・パパ 女の子21歳、男の子18歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


A.A.ミルンさんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / プーのはちみつとり / ちくま文庫 クマのプーさん エチケット・ブック / ディズニーアニメ小説版(89) くまのプーさん / プー横丁にたった家 Anniversary Edition

石井 桃子さんのその他の作品

子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇 / 岩波少年文庫 159 ふくろ小路一番地 / パディントンの大切な家族 / 岩波少年文庫 まぼろしの白馬



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

岩波少年文庫 クマのプーさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット