アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ちいさなたからもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなたからもの

  • 絵本
作・絵: アンドレ・ダーハン
訳: 角田 光代
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさなたからもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年04月
ISBN: 9784052030093

幼児〜一般

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

太陽のパパと月のママが、すくすく元気に光輝く赤ちゃんたちにたっぷりの愛をそそぐ。親のわが子への愛情を描いた一冊。包み込むようなやさしさとあふれる愛のメッセージが詰まっている。人気絵本作家アンドレ・ダーハンと直木賞作家・角田光代による第三作。
【著者プロフィール】
1935年、アルジェリア生まれ。仏国立パリ工芸学校卒。作品は、『だいすき。』(学研)、『ぼくのともだち おつきさま』『ぼくの ちいさな ともだち』(講談社)など、日本での翻訳出版も多い。現在パリ在住。

ベストレビュー

おほしさまってどんなあじがするのかな

大ファンのアンドレ・ダーハンさんと直木賞作家の角田光代さんの絵本シリーズは、どの作品もあたたかな絵と、ストレートなことばがあふれていて、心にしみいるようで大好きなのですが、その中でも一番のお気に入りがこれです。

表紙がピカピカ光るようになっているので、書店で子どもはそれだけでひかれて、私のところに持ってきました。

お話を読んでいくと、ダーハンさんの最も得意とするモチーフの「月」が登場します。それが、お母さんなのです。お父さんは、「太陽」。生まれた子どもたちは、輝くちいさなたからものです。

お父さんとお母さんが夜空に輝く星を拾い集めて、次の日の朝に子どもたちに食べさせるシーンが、わが家の子どもたちのお気に入りのようです。「おほしさまって、どんなあじなのかな」といつも考えているようです。

そのほかにも、あたたかな家族の愛情があふれるようにつまっているので、子どもはもちろん、お母さんも、お父さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、若い人たちにも、たくさんの人に触れてもらいたい一冊です。
(すっぽんぽんちびさん 30代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

アンドレ・ダーハンさんのその他の作品

おつきさまはいちねんせい / ミュージック・ツリー / メリークリスマス おつきさま / BOOKS POOKA まいごのしろくま / おつきさまと ちいさな くま / Eddy Bear なんてすてきな日

角田 光代さんのその他の作品

ビジードッグ / Night Cat ナイト キャット / モーディとくま / ねずみのへやもありません / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(11) 赤いくつ / しあわせ



子どもたちが大好きなお店がいっぱい!楽しい「おかいもの」絵本

ちいさなたからもの

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット