キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
コロボックル物語(2) 豆つぶほどの小さないぬ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コロボックル物語(2) 豆つぶほどの小さないぬ

  • 児童書
著者: 佐藤 さとる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年11月
ISBN: 9784061190764

A5判 241ページ

出版社からの紹介

小山にすむ小人の一族、コロボックルたちは、むかし豆つぶほどの小さないぬを飼っていた。コロボックルよりも、もっとすばしこくて、りこうな動物だったという。ところが、死にたえたといわれていたそのマメイヌが、いまでも生き残っているらしい。マメイヌさがしに、コロボックルたちの大かつやくがはじまった。「だれも知らない小さな国」の続編。

ベストレビュー

コロボックル、大活躍

コロボックルシリーズの第二弾。
あとがきの例にもれず、私が最初に読んだのがこの本でした。
小学校の図書館で借りたのですが、たまたま第一巻の「だれも知らない小さな国」が無かったのかもしれません。
もう30年以上の前の話ですから、当時の状況は覚えてないのですが、確実に言えることは、この本のタイトルに魅かれた、ということです。

「豆つぶほどの小さな犬」ってどんな犬なんだろう??
この疑問を抱いてこの本を手に取り、コロボックルという存在を知り、その世界にどんどん引き込まれ・・・
この本と、そしてコロボックルたちとの嬉しい出会いの始まりでした。

この本の主人公は、クリノヒコ風の子。コロボックルによって語られる、コロボックルが大活躍する本。
出てくるコロボックルは誰もが個性豊かで、人間味溢れていて魅力的。
第一巻からのヒイラギノヒコ、ツバキノヒコ、エノキノヒコに加え、新しいメンバーも続々と登場し、本当に面白かったです。
それぞれの名前も素敵ですね。フエフキ、ネコが中でも好きです。

第一巻から少し年月が流れ、せいたかさんとおちび先生も素敵なお父さんとお母さんになっていました。せいたかさんは、今でも私の憧れの人です。

お話は、昔から言い伝わるマメイヌ探しをするお話ですが、これが本当に面白い!
あちこちに伏線が張り巡らされ、あれこれと推理したり、途中事件が起きたり、それと並行して新聞作りも始まります。

最後までドキドキワクワク、コロボックルたちと一緒にその時間が過ごせたことを幸せに思います。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

コロボックル物語(2) 豆つぶほどの小さないぬ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット