あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おはようきょうりゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはようきょうりゅう

  • 絵本
作: 木坂 涼
絵: 福岡昭二
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おはようきょうりゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784774610962

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

はるか昔の恐竜の時代の時間を美しいイラストで紹介します。いろんな形の恐竜が、ゆったりのんびり時間を過ごしていることが伝わってきます。恐竜でも闘うばかりではない、親子の安らぎや、子ども同士のじゃれあいの時間があったはず。夜寝る前にも読める優しく温かい気持ちになれる1冊です。

ベストレビュー

ティラノ腹減りサウルスって君のこと?!

最近6歳の息子の影響か私までもが恐竜の絵本を探す鼻が効くようになって・・・リアルな恐竜の質感表紙に目を奪われ手にしました。壮大な宇宙空間の地球に遙か彼方に生まれた、恐竜達。その時代には、きっとこの絵本の中ように、こんな自然と生命の息づかいが感じられたことでしょう。とてもユニークな恐竜達への命名。恐竜図鑑にはないオリジナルな発想でもって、息子の興味を一層引き立ててくれました。近頃、環境問題が盛んに叫ばれる中、生命と宇宙の一部である地球を何となく結びつけやすい絵本です。小さい子には、何となく。少し大きくなった小学生にはまた別の楽しみ方(面白い恐竜の命名をつけたり)があると思います。恐竜なんてお父さんの分野と思うお母さんにもお勧めです。
(1姫2太郎ママさん 40代・ママ 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

とらさんおねがいおきないで / オズのまほうつかい / ぜったいたべないからね / ぜったいがっこうにはいかないからね / ぜったいねないからね / ぜったいひとつだからね



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

おはようきょうりゅう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット