ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ちいさなちいさな駅長さんの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなちいさな駅長さんの話

  • 絵本
作: いぬい とみこ
絵: 津田 櫓冬
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ちいさなちいさな駅長さんの話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1973年10月20日
ISBN: 9784406002226

幼児〜小学校低学年
(タテ25×ヨコ21.5) / 32 ページ

出版社からの紹介

日本海のほとりのちいさなちいさな駅に、ちいさなちいさなきかんしゃがとまりました。「ねえ、おべんとううってないの」と、男の子にいわれて、ちいさなちいさな駅長さんは大よわり。リズミカルなことばのひびきがおりなす、心あたたまる世界。

ベストレビュー

やさしく懐かしい響き

「ちいさなちいさなきかんしゃは、ちいさなちいさな駅長さんのいる、ちいさなちいさな・・・」と、繰り返されるリズムが楽しい素朴なおはなし。その「ちいさなちいさな」という語りかけは、とてもやさしくて懐かしい響きがします。
また、挿絵もユーモアと暖かみが同居していて、画面全体にほのぼのとした風景が広がっていました。
駅長さんが奥さんとふたりで、送られてきた包みを開ける場面は、最高です。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子11歳、女の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いぬい とみこさんのその他の作品

かぜのおまつり / とりかえっこする? / 福音館文庫 くらやみの谷の小人たち / 福音館文庫 木かげの家の小人たち / 岩波少年文庫 3 ながいながいペンギンの話 / 北極のムーシカミーシカ

津田 櫓冬さんのその他の作品

カッチン / トントコトンがあいずだよ / クオ・ヴァディス(下) / クオ・ヴァディス(上) / ぼくの わたしの こんちゅうえん / ぼくの わたしの すいぞくかん



ハッピーなおやすみのえほん!

ちいさなちいさな駅長さんの話

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット