宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ねむい ねむい ちいさな ライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむい ねむい ちいさな ライオン

  • 絵本
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
写真: イーラ
訳: ふしみ みさを
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り8

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784198626761

3歳から
関連書籍
せかいをみにいったアヒル

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、ちいさなライオンの子は、冒険にでかけました。犬や猫、人間の男の子…と出会いますが、すぐにあくびがフワーン、まぶたも重たくなって…。
動物写真家の先駆者によるかわいらしいライオンの子の写真に、名作『おやすみなさい、おつきさま』の作者が文章をつけた、おやすみなさいの絵本。

ベストレビュー

写真の表情が良い

写真絵本という紹介がありましたが、絵本?という感じはありました。

イーラは、動物専門の写真家の先駆者と言われていますが、44歳の時にインドで牛車レースを撮影中、ジープから転落して亡くなっています。
マーガレット・ワイズ・ブラウンは42歳で亡くなっていますから、実に早い時期におふたりとも亡くなっていることになります。

この作品は、1947年の作品です。
イーラの撮った写真に、あとでマーガレット・ワイズ・ブラウンが文をつけて作品にしたもので、若干文章の流れと写真に違和感を感じました。
60年以上も前の写真ですから、流石に時代を感じさせる部分は仕方のないところで、やはり、この作品の魅力は、ライオンの子供が垣間見せた瞬間のあどけない姿と言えそうです。

写真に気をとられてしまうお子さんも多いはずで、絵本というよりは、純粋に写真を楽しむことを主眼に置くことをオススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん / まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし

イーラさんのその他の作品

どうぶつたちはしっている / せかいをみにいったアヒル / 二ひきのこぐま

ふしみ みさをさんのその他の作品

こねことおつきさま / ソフィーのくだものばたけ / もりのたんじょうびパーティ / サーカスくまさん / ちびちっち / ひなげしのおうじ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ねむい ねむい ちいさな ライオン

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット