新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
エレンのりんごの木

エレンのりんごの木

作・絵: カタリーナ・クルースヴァル
訳: ひだに れいこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784566008885

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
28.6×22.2cm・30ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

エレンの家の庭にある、りんごの木。エレンは一年中、木のまわりであそぶ。木にのぼるのも大すき。おいしい実もたくさんなる。でも、ある冬の朝、嵐がやってきて、りんごの木がたおれてしまった…。素朴なあたたかさにみちた北欧の絵本。

ベストレビュー

りんごの木が家族にあたえたもの

自分の家の庭にリンゴの木があったらうれしいでしょうね。
この絵本のリンゴは、家族とはいえないまでも、家そのもののように愛着をもって受け入れられていました。
家は傷むもの、朽ちるものです。
木が倒れた時の虚無感は、きっと家族を失ったようにも思えるのでしょうね。
リンゴの苗を植えました。
心の隙間を埋めるのはやっぱりリンゴでした。
たくさんの実をつけたリンゴの木とは違うけれど、初めて実った一個のリンゴは、なにより貴重でおいしかったに違いありません。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

968円
3,520円
616円
968円
1,870円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
9,900円
11,440円
2,860円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

エレンのりんごの木

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら