貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
もぐらとのらねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もぐらとのらねこ

  • 絵本
作・絵: いのうえまこと
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「もぐらとのらねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784477019987

4歳から
A4変型判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もぐらのかあさんが、こどもたちの食べ物をさがしに穴の外に顔を出すと、のらねこママとばったり鉢合わせ!
たいへん、穴をほって、逃げますが、行く手を大きな道路にはばまれます。
どうなるもぐらのかあさん!
動物たちが、本から飛び出してきそうなパワフルな絵が魅力!




もぐらとのらねこ

ベストレビュー

モグラ見たことある?

息子と読みました.ねこともぐら,はじめは食うか食われるかの関係だったのが,子を持つ母親という立場は同じで,一致団結して子どもを守るために頑張ります.
子ども達を危険から守ることができて,もぐらとねこが「やったね」というふうに手を合わせて喜んでる場面が素敵でした.

そういえば私が初めてモグラを見たのは,子どもの頃におじいちゃんが飼っていた猫が畑で捕まえてきたモグラだったことを思い出しました.捕まえたモグラを食べるというよりはおもちゃみたいにして遊んでいました.
この本を読んだのと私がそんな話をしたのとで,まだモグラを見たことがない息子がモグラを見たい,探したいと騒いでいます.
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いのうえまことさんのその他の作品

つみきバス



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

もぐらとのらねこ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット