ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン

作・絵: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年6月
ISBN: 9784577024225

対象年齢 幼児から

出版社からの紹介

今回は、主人公の女の子、クラリス・ビーンのおじさんが活躍(?)します。クラリス・ビーンの家に、ベビーシッターとしてきたテッドおじさん。ところが、テッドおじさんが来てからおじいちゃんが行方不明になったり、おとうとがさくに首をはさんでしまったり、と、大変なことが次々と起こります。

ベストレビュー

「あたし」の独白のテンポが小気味よい

私、子供に絵本を読んでやる時はあまり感情をこめない派なの。だって、自分で恥ずかしいし、疲れるんですもの。子供が乗ってこなかったりしたら、最悪だし。でも、この本のクラリスの独白のテンポにのせられて、ついつい、早口で、クラリスになりきって読んじゃうのよね。
それにしても、どうしてイギリス(だと思うんだけど、作者がロンドンに住んでいるから)の絵本には、ウサギスリッパがでてくるんだろう。イギリスの子供ってそんなにウサギスリッパが好きなのかしら。

読むたびに、クラリスがいとおしくなってきます。彼女の家族も、癖のある人ばっかりなのですが、いるいるこういう人って、と、親近感がわいてきます。
そして、読み終えると、なんだか自分もビーン一家の一員のような気持ちになってしまうのです。
(えっこさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローレン・チャイルドさんのその他の作品

ぜったいいぬをかうからね / ぜったいたべないからね / ぜったいがっこうにはいかないからね / ぜったいねないからね / ぜったいひとつだからね / ほんとうはなかよし エルモアとアルバート

木坂 涼さんのその他の作品

ちょうちょのために ドアをあけよう / ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / おなじそらのしたで / マララのまほうのえんぴつ / パディントンのクリスマス / パディントンのサーカス



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

テッドおじさんとあたしクラリス・ビーン

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73




全ページためしよみ
年齢別絵本セット