ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
がんばれ!ねずみのおてつだい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

がんばれ!ねずみのおてつだい

  • 絵本
作: あさの ななみ
絵: 中村 景児
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「がんばれ!ねずみのおてつだい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784569689685

B5判変型上製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

動物村に家をつくることになりました。丸太運びにペンキぬり。ねずみくんも手伝おうとしますが、小さいためできません。ところが!

どうぶつ村の広場にみんながあつまって、いつでもあそべる“なかよしハウス”をつくることになりました。つぎの日から工事がはじまりました。ぞうさんは丸太運び。「ぼくも手伝うよ!」ねずみくんが丸太を持ち上げようとしましたが、ちっちゃくって力もないので、できません。そこで今度は、くまさんのかなづち打ちを手伝おうとしますが、かなづちが重くて持ち上がりません。それなら、と今度は、きりんさんのペンキぬりを手伝おうとします。でも今度は、背が低くて家のかべに手がとどきません。ねずみくんはその後も、つくえ運びやじゅうたんしきを手伝おうとしますが、やはりちっちゃくって、力がないので、うまくいきません。ところが、“なかよしハウス”を完成させるための最後の場面で、ねずみくんにしかできない仕事が! だれにでも長所と適切な役割があることを教えてくれる絵本です。

ベストレビュー

みんなそれぞれ役割がある

4歳次女に読みました。

どうぶつむらに仲良しハウスを作ることになった動物たち。でも、ねずみくんがお手伝いをしようとすると、ちょっと無理なことばかり。丸太は持てないし、かなづちも持ち上げられない。ペンキも高いとこには塗ることができない。

でも、最後にちゃんと出番が。小さいからこそってできることがあるんですね。良かったー。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの ななみさんのその他の作品

はみがき しゃっ しゃか しゃ / でたでたうんち / ぱっくんもぐもぐ / 3びきのこぶたのおてつだい / 3びきのこぶたのおみせやさんごっこ / ねずみくんのたんじょうかい

中村 景児さんのその他の作品

おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / おおきなキャベツ / ぼくは、いつでもぼくだった。 / ピーマンマンはげんきのみかた! / ピーマンマンの いただきますって いえるかな / グリーンマントのピーマンマン (よみきかせ大型絵本 )



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

がんばれ!ねずみのおてつだい

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット