しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
へんし〜んほうれんそうマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へんし〜んほうれんそうマン

作: みづしま 志穂
絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「へんし〜んほうれんそうマン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年11月
ISBN: 9784591015872

小学校低学年〜
22cm x 15.5cm 80ページ

出版社からの紹介

きつねのゾロリが、わるだくみをはじめました。ついにぶたのポイポイのでばんです。へんし〜ん、ほうれんそうマン登場!

ベストレビュー

ゾロリ誕生の瞬間!?

ゾロリシリーズが大好きで、全巻繰り返し読み続けている小2の息子。
原ゆたかさんの他の本もと借りてみたら、なんと主人公の敵として登場するのがゾロリではありませんか。
作者は原さんではありませんが、
軽妙で易しく楽しい文章はこちらも一緒。
息子はさっそく気に入って、こちらも全巻繰り返し読んでいます。
ゾロリの1巻は、ドラゴンたいじで1987年発行。
こちらは1984年なので、きっとゾロリというキャラクターが誕生したのがこの本なのではと推測します。
こちらの方が先だからゾロリのスピンオフ作品とは呼べないのかしら。
でも、名脇役としてこの世に生まれた瞬間に立ち会えて、
長年のゾロリファンの親子としては、とてもうれしい。

(Tamiさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みづしま 志穂さんのその他の作品

ほうれんそうマンのゆうれいじょう / ほうれんそうマンのようかいがっこう / ほうれんそうマンのようかいじま / ほうれんそうマンのじどうしゃレース / ほうれんそうマンのおばけやしき / ほうれんそうマンよいこの1年生

原 ゆたかさんのその他の作品

かいけつゾロリのかいていたんけん / かいけつゾロリの王子さまになるほうほう / かいけつゾロリ(59) かいけつゾロリのおいしい金メダル / どっきんがいっぱい!(5)ぼくはおばけのかていきょうし きょうふのじゅぎょうさんかん / どっきんがいっぱい!(4)ぼくはおばけのかていきょうし なぞのあかりどろぼう / どっきん!がいっぱい (3) なぞのじどうはんばいき



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

へんし〜んほうれんそうマン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット