くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【2018入園入学フェアOPEN!】贈り物にぴったりの絵本・図鑑・読み物をご紹介しています♪
ハーメルンの笛吹き男
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハーメルンの笛吹き男

  • 絵本
作: グリム兄弟
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 池田 香代子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784776404040

30×25cm 29頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

繊細な筆遣いで、格調高く描き、世界中にファンをもつリスベート・ツヴェルガー。
今回は、『ハーメルンの笛吹き男』で、グリムの世界を描きます。
町中にねずみの大群が押し寄せたハーメルンの町。
ねずみ取り男が現われ、たんまり礼をくれるならねずみを追い出すといいます。
町の人達は、望みの礼を約束し、男は、笛を吹き、ねずみを川でおぼれさせました。
ところが、ねずみがいなくなると、町の人達はなにかと言い訳をして、礼をしませんでした。
町を出て行ったねずみ取り男は、あるときふと、町に舞い戻ってきました。
目は怒りにぎらぎら光り、心は復讐に燃えて……。
今なお謎につつまれる伝説を、ツヴェルガーの魅惑的な絵でご堪能ください。

ベストレビュー

ツヴェルガーが描く

ツヴェルガーが描く「ハーメルンの笛吹き男」の世界ということで怖いもの見たさ的な興味がありました。

男の顔が見られるのは最初のみ。後は目深に被った赤い帽子で顔は隠されています。

顔が出ないという不気味さと男の怒りが伝わって来ます。

ツヴェルガーだけに静かで淡々としてまた美しく多くを語らない絵ですが、それだけに怖さも一入という感じがしました。

お話としては有名だと思いますが、このお話の真相はよくわからず今でも諸説あるようです。

検索したら、ツヴェルガー以外にもデュポアザンやエロール・ル・カインなども絵本を出しているようで画家の想像力をかき立てる題材なのかもしれないと思いました。

読み比べてみたいものだと思います。

読後はひんやりとした怖さがありました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリム兄弟さんのその他の作品

あめふらし / 角川つばさ文庫 白雪姫と黒の女王 / グリム童話全集 / シンデレラ / 初版グリム童話集(4) / 初版グリム童話集(2)

リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

喜劇レオンスとレーナ / クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟

池田 香代子さんのその他の作品

21世紀版少年少女世界文学館(16) アルプスの少女 / 岩波少年文庫 飛ぶ教室 / 岩波少年文庫 ふたりのロッテ(改訳) / 11の約束 / 岩波少年文庫 49 少年の魔法のつのぶえ ドイツのわらべうた / 岩波少年文庫 60 点子ちゃんとアントン



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

ハーメルンの笛吹き男

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット