あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
チムとうだいをまもる チムシリーズ 9
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チムとうだいをまもる チムシリーズ 9

  • 絵本
作・絵: エドワード・アーディゾーニ
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「チムとうだいをまもる チムシリーズ 9」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年09月
ISBN: 9784834017199

自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

沖の灯台を海賊が襲った。チム、シャーロット、ジンジャーが、自分たちの力で灯台を守り、事件を解決していく。アーディゾーニ68歳の時、10人の孫たちに語った作品。


 海洋冒険絵本チムシリーズ第9巻。
 おとこは チムを かかえあげ、らんぼうに ゆさぶりました。「おい こぞう、どこを どうすりゃ いいんだ……」「ぜったい おしえるもんか」
 事件は、嵐の夜に起きた。灯台の異変に気づき、ボートを出し、かけつけたチム、マクフィー船長、ジンジャー、シャーロット。4人が目にしたのは、縛られ、気を失って倒れていた灯台守だった。
 センダックが潮の香り漂う美しい絵本と評価したチムシリーズ。その第9巻の舞台は、ドールハウス(人形の家)のような灯台の中。アーディゾーニ68歳の時、従姉妹であり、作家であり、シャーロットのモデルとも想像できる、幼い頃の友クリスティアナ・ブランドと、10人の孫たちに捧げられた作品。
 アーディゾーニ生誕100年を記念して企画され、新規の製版により美しくよみがえった2000年版。それぞれの巻は、起承転結を整えた話として完結しながらも、全巻が一つの物語を作って流れている。

ベストレビュー

シリーズの中でもお気に入り

今回も、チムは、大変な事件に巻き込まれてしまいます。
チムたちが、よく遊びに行っていた灯台を舞台に、わるい海賊との戦いが・・・。もちろん、仲間のジンジャーとシャーロットも大活躍です。
シャーロットは、もしかしたら燈台守のお兄さんに淡い恋心を抱いていたのでは・・・という、珍しく色っぽいお話も、盛り込まれています。
絵の中に、灯台の仕組みを描かれたページが、子供はとても気に入っていました。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

エドワード・アーディゾーニさんのその他の作品

ゆうかんな猫ミランダ / ライラックの枝のクロウタドリ / エドワード・アーディゾーニ 若き日の自伝 / あかいえのぐ / Little Tim and the Brave Sea Captain チムとゆうかんなせんちょうさん / マチルダばあや、ロンドンへ行く

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



たたかえ!じんるいのために!

チムとうだいをまもる チムシリーズ 9

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット