ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
【再入荷】 みんな大好き、あの「11ぴきのねこ」の顔型タオルが再入荷しました!
ゆきしろとばらあか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきしろとばらあか

  • 絵本
絵: 北見 葉胡
訳: 那須田 淳
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784265049738

3才向け
A4変型判 28.0×21.2 36頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ゆきしろとばらあかは、お母さんと一緒に森の一軒屋で暮らしていました。ある日家にやってきた熊と大の仲良しに。しかし春になると熊は去っていきました。熊の正体は……。

グリムのふるさとドイツ在住の作家・那須田淳氏と、幅広い支持を持つ北見葉胡氏のコンビによって、美しさと怪しさ、深さと力強さを備えた「グリム」の世界を見事に表現した絵本シリーズです。
幼いころの約束通り、ずっと離れることのない姉妹。
ひげを切られて憤慨する、恩知らずで意地悪で、どこか可笑しみのあるこびと。熊に変えられた王子・・・・・・。
『赤ずきん』『白雪姫』等にくらべて日本では知名度の低いお話ですが、この『ゆきしろとあかばら』もまた、とても魅力的な要素にあふれたお話です。

ゆきしろとばらあか

ベストレビュー

安心して読めるグリム童話!

別の絵本で,このお話は親子で読んだことがありました。
二人の優しい姉妹のお話で,グリム童話にしてはハッピーエンドで安心感があります。
悪者の小人もどこか可笑しくて,怖い怖い悪者という感じではありません。
女の子はこの姉妹に自分を重ねるかも知れませんね。
イラストも美しく綺麗な印象です。
優しく良い子でいると良い人生になる,そんな教訓を教えるにもよいかもですね!
王子様とのハッピーエンドが女の子には夢を与えますね(笑)☆
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


北見 葉胡さんのその他の作品

はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 / いろはの あした / えほん はりねずみのルーチカ / はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム / はりねずみのルーチカ カギのおとしもの / はりねずみのルーチカ

那須田 淳さんのその他の作品

こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし / ポプラ文庫ピュアフル 星空ロック / ポプラ世界名作童話(4) アルプスの少女ハイジ / 笑い猫の5分間怪談(1) 幽霊からの宿題 / 笑い猫の5分間怪談(2) 真夏の怪談列車 / おおかみと 七ひきのこやぎ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

ゆきしろとばらあか

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット