もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
うわさのようちえん あきばこの うわさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うわさのようちえん あきばこの うわさ

  • 絵本
作・絵: きたやまようこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うわさのようちえん あきばこの うわさ 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784061324381

読み聞かせ:2歳から 
ひとり読:み3歳から
A5変型・23ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

みどり先生がもってきた、たくさんの空き箱の中から、自分だけの箱をみつけた子ど もたち。
どんなものを、どれだけ、どんなふうに入れるかで、箱の見え方もかわって きます。
いつもの遊びがもっと楽しくなる、「うわさのようちえん」シリーズ第二作。

ベストレビュー

気付きの大切さ

みどり先生の「いろんな あそびかたを みつけられる こは、いい こ」ことば
なんて素敵♪

というか、こどもと関わる皆さんには常識的なこと

でも・・・
なんか・・・
みつけられる前に

大人が余計なことしていませんか?

マニュアル通り遊ばせようとしていませんか?

知識は教え込むことも多いですが
乳幼児期は
いろんな体験から、自ら気付き、遊ぶ楽しさ
遊ぶことを純粋に楽しむことを
十分にする大事な時期だと思うのです

うわさのようちえんの園児は
それはそれは個性的過ぎる程(^^ゞ
こんなに極端過ぎて
とってもおかしいんだけど
なんか、受け入れられちゃうのは
絵本だから?

個性も素敵
遊び方も素敵
高価な玩具ではなくていいんです
自然な物、大人から見たらゴミのような物でも
子どもにとっては、遊びを深める物になります

そして、大事なのは
大人の関わり方・・・
そんなことを教えてくれる絵本です
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたやまようこさんのその他の作品

ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / おつきさまはいちねんせい / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー / いぬうえくんとくまざわさん(6) くまざわくんがもらったちず



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

うわさのようちえん あきばこの うわさ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット