ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

うわさのようちえん あきばこの うわさ 」 みんなの声

うわさのようちえん あきばこの うわさ 作・絵:きたやまようこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784061324381
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,463
みんなの声 総数 8
「うわさのようちえん あきばこの うわさ 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気付きの大切さ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    みどり先生の「いろんな あそびかたを みつけられる こは、いい こ」ことば
    なんて素敵♪

    というか、こどもと関わる皆さんには常識的なこと

    でも・・・
    なんか・・・
    みつけられる前に

    大人が余計なことしていませんか?

    マニュアル通り遊ばせようとしていませんか?

    知識は教え込むことも多いですが
    乳幼児期は
    いろんな体験から、自ら気付き、遊ぶ楽しさ
    遊ぶことを純粋に楽しむことを
    十分にする大事な時期だと思うのです

    うわさのようちえんの園児は
    それはそれは個性的過ぎる程(^^ゞ
    こんなに極端過ぎて
    とってもおかしいんだけど
    なんか、受け入れられちゃうのは
    絵本だから?

    個性も素敵
    遊び方も素敵
    高価な玩具ではなくていいんです
    自然な物、大人から見たらゴミのような物でも
    子どもにとっては、遊びを深める物になります

    そして、大事なのは
    大人の関わり方・・・
    そんなことを教えてくれる絵本です

    掲載日:2011/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもちゃの与え方を再考させられる一冊

     軽い気持ちで読んで、ドキリとさせられ、目からうろこでした!
     
     既成のおもちゃがたくさん出回っている昨今、子どもたちにとって空き箱も素敵な遊び道具になるんですね。
     
     箱の形を堪能し、その中にもの(どんぐり)を入れると、入っているものは同じなのに様子が違って見える。
     こんな鑑賞の仕方は大人の感性では捉えられませんね。
     もちろん、ドングリ拾いも楽しい遊び。

     そういえば2歳の頃、息子のお気に入りは木製のサラダボウルにおもちゃを詰め込み出す作業でした。
     しっくりおもちゃが収まったり、組み合わせによっては収まり切れなかったり。
     繰り返しこれを続ける息子に「よくも飽きずに・・・」と思っていましたが、翌日にはコロコロ車の車輪のように転がし、さらに翌日には頭にかぶり、日毎に遊びの数が増え、サラダボウルで遊ぶ時間はだんだん長くなっていましたね。
     ああいう時間が子どもたちにとって大切なんでしょうね。

     みどり先生の「いろんな あそびかたを みつけられる こは、いい こ」っていう言葉が印象に残ります。

     登場する園児のキャラクターもそれぞれ個性的で可愛いです。

     小さいお子さんのみならず、子どもたちと接している大人の方へもお薦めします。
     
     おもちゃの与え方を再考させられる一冊でした。

    掲載日:2010/12/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • なるほど。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    かくれんぼも読みましたが、色々な方法で遊び方を見つけられる子は皆いい子ですね。だって子供は遊ぶのが仕事だから…。しかし本当に、入れ物が違うと中に入っている物の印象もだいぶ変わりますね。新しいお皿、買ってみようかな…。笑

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • テーマがすてきです

    テーマがおもしろくていいとおもいます。

    空き箱・・・。子どもが大好きなものです。

    宅急便で届いた箱をみつけて、

    入ったり、大事なものをいれてみたり・・・。

    そういう風に子どもはいろいろと工夫します。

    そういう内容なので小さい子に、

    是非よんであげてほしい1冊です。

    掲載日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか不思議な幼稚園

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    なんでしょうか。最初、なんか妙な感じがしました。
    キャラクターが動物だったり、紙コップだったり、花だったり、と
    統一感がなかったからかもしれません。
    ありそうでなかったキャラクターたちじゃないでしょうか?
    なんかその点に惹かれました。
    それから、遊びもなんてことないもので、
    先生が持ってきたいろんな箱にどんぐり集めていれただけなのですが、
    集める楽しさじゃなくて、どんな箱を選ぶか、どんな入れ方をするか、
    入れるときにどんな音がするかを楽しんでいて、
    なぜか、私も子供たちも、楽しい気分になりました。
    読んでる最中に子供が口を挟んでくると、
    「よし!食いついてきたな!しめしめ」と思っているわけですが、
    今回も「私はこの箱がいい!」とか
    「僕だったらもっともっと大きい箱がいい!」とか
    口々に言っておりました。
    へ〜、これ、食いつくんだ〜とちょっと意外でしたが、
    子供たちのツボにハマったのだと思います。
    また、別の「うわさ〜」も読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • はこがいっぱい

    題名からは,ちょっと予想できない
    内容でした。

    ようちえんの楽しそうな様子が伝わってきて,
    かわいかったです。
    いろんなキャラが登場するので,
    ひとりひとり覚えたら,さらに
    楽しいんだろうなあって思います♪

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • う・わ・さ

    まず、タイトルの「うわさ」のひとことで、
    かなり気になる絵本でした。
    やっぱり、おんなは「うわさ」に弱い??

    中身は、それほど「うわさ」のドキドキ☆感はないですが、
    なかなか「へぇ〜」でした。

    みどりせんせいが持ってきた たくさんの箱を使って
    どんぐり集めをするのですが、みんなが箱を選ぶ理由や
    箱へのつめ方なんかも、それぞれ個性があって楽しいです。

    うちはどんぐり拾いの時は、ビニール袋を持参しますが、
    来年は、何か空き箱を持っていくのもいいかな?と思いました。
    そして自然の中で、何か作品を作ってみるのもいいですね!

    掲載日:2011/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空き箱

    「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ大すきな私です。きたやまようこさんの、「うわさのようちえん」のタイトルに惹かれて図書館から借りてきました。空き箱1ッ選ぶのに夫々が自分でしっかり考えて選んでいるのでびっくりしました。あれもほしい、これもほしいとか、取り合いにならないところに感心しました。もし、取り合いになった場合のみどりせんせいの対処の仕方を知りたかったです。同じどんぐりを入れても箱によって随分印象が違ってきて面白いと思いました。子どもって空箱1ッで一日中遊べるのですから、凄いと思ってます。同じ園児服を着ているのにとってもカラフルな色彩も綺麗でした!

    掲載日:2010/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット