おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
どうする?ビアンカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうする?ビアンカ

作: リンダ・ヴォルフスグルーベル
訳: いずみ ちほこ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どうする?ビアンカ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年10月
ISBN: 9784577016831

対象年齢: 4歳から

出版社からの紹介

しろねずみの女の子ビアンカがすむ家の上の階には、なんと猫たちがいるのです。ビアンカの機転が楽しいストーリーです。

ベストレビュー

小さなねずみビアンカの大活躍!

3匹のねこが、大きな家で暮らしていました。
そしてその家の地下室には、ねずみの一家が住んでいたのですが、3匹のねこ達はそのことを知りませんでした。
ある日、ねずみの両親が子どもねずみのビアンカを残して外出することになります。
両親はビアンカを心配し、危ないから絶対に家から出ないようにと言って出かけます。
ところが、両親のいいつけをまもらずに、地下室から出てしまったビアンカ。
ねこたちに見つかって、さてどうしたでしょう?
この後はとっても楽しい展開ですよ
ねこたちはおそらく、ビアンカの知恵と勇気に感心し、その後仲良くなるんですが、
ねこ達はビアンカを女の子として好きになった?
そんなことをチラッと思ったりしてにやりと笑った私でした。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

いずみ ちほこさんのその他の作品

ぼくのおばあちゃんはスター / わたしのおじいちゃんはチャンピオン / ゆきだるまのメリークリスマス / わたしのママは まほうつかい / ぼくのパパは おおおとこ / ルカのクリスマスケーキ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

どうする?ビアンカ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット