バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
そよ風とわたし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そよ風とわたし

作: 今江 祥智
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そよ風とわたし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784591005507

3歳〜5歳

出版社からの紹介

花をさかせる術が得意な魔法使いの少女プン。ところが、プンのとうさんは風をおこす術が得意なのです。

ベストレビュー

心の中に浮かぶ不思議な風景

子供の頃の絵本で真っ先に思い浮かぶのが、この絵本でした。そしてそのストーリーよりも真っ先にうかんでくるのは、魔女の帽子を目深に被った、子供の絵本のキャラクターとしては一風変わった60歳の魔女「プン」。(60歳という年齢は魔法の世界ではまだまだ子供なのです)そしてそのプンの咲かせる花畑の風景です。決して子供好みの可愛らしいものではなく、色彩的にも暗めなのですが、その絵のかもし出す不思議な雰囲気がストーリをより魅力的なものにしていたんだと感じます。題名すら「花の子プン」と勘違いしていたほど、プンのキャラクターと花畑の風景が子供心に強く刻まれていた証でした。
 大人にとって今生きている世界が現実ならば、子供時代はその他の異次元の世界もまた現実なのです。特に私は自分の中に作り出すいくつものイメージが、決して子供らしい可愛らしいものに限定されていなかったように思います。そんな私がこの本をお気に入りだったのも、今となっては納得できます。また子供時代の感受性の強い時期に、多様な絵本を触れることは、想像力やイメージ力、また自分の内面世界の形成に大きく影響するんだと改めて感じました。
(うっきーさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / ぼんぼん / 優しさごっこ / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

上野 紀子さんのその他の作品

こころの絵本 The Picture Book of Cocoro / ねずみくんとおばけ / ちっちゃな ねずみくん / ねずみくんのチョッキ コラボソングCDつき絵本 / 【40周年記念限定販売】ねずみくんのGIFTBOX / 宇宙遊星間旅行



『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

そよ風とわたし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット