しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ヌーチェの水おけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヌーチェの水おけ

作: 神沢 利子
絵: 赤羽 末吉
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1982年03月
ISBN: 9784591005354

5歳〜
24.5cm x 21.5cm 32ページ

出版社からの紹介

死んだ父のつくった水おけをせなかにしょって、ますをとりに出かけたり、あざらしをつかまえて大かつやくをする、ヌーチェのお話。

ベストレビュー

ヌーチェの強さと水おけの効力

死んだ父親が作った水おけは、子どものヌーチェの成長にとても大きな支援をしてくれました。
水おけのおかげで、ヌーチェは誰よりも多くの獲物を持ち帰り、大人たちを鼓舞することにもなりました。
でも、怪我をしたクマを助けるという優しさは、勇者としてのヌーチェを表しているように思いました。
アザラシを仕留めたのは偶然にしても、回りの大人たちはヌーチェが現れなかったらどうなっていたのでしょう。
少々乱暴な展開ですが、極寒の地にふさわしいドラマだと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / もしも… / ひょうたんめん / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ

赤羽 末吉さんのその他の作品

シカの童女 / 黄金りゅうと天女 / ほうまんの池のカッパ / へそとり ごろべえ / なきたろう / あかりの花 中国苗族民話



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

ヌーチェの水おけ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット