だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
だれかさんの目
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれかさんの目

作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: ほその あやこ
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年3月10日
ISBN: 9784883301461

出版社からの紹介

「知らないだれかさんとお話するときはね、目を見てお話するのよ」
 ママにそう言われたサルのペペは、ゾウさんやキリンさんの目をみてお話します。ところがある日「だれかさん」の目をじっと見ているとめまいがして…。

ベストレビュー

テーマは催眠術??!

「しらない【だれかさん】と おはなし する ときはね、
【だれかさん】の 目を みて おはなし するのよ。」
と、コザルに教えるママザルさん。

あ、そうか、これは、人とおはなしする時のマナーを教える絵本ね。と、早とちりの私は思いました。

すると、いろんな動物の【だれかさん】が次々と登場します。

違う違う、【だれかさん】の目を見ておはなしをして、お友達を作るという絵本なんだわ。

そして、最後に出て来たのは、コザルの目と心を捉えてしまう、こわーーい、動物でした。

もう、ママザルさんたら!!言葉が足りなくて危うくかわいい子供を食べられてしまう所でしたね。


と、はらはらドキドキの展開でした。にも関わらず、 イヤリングをつけたおしゃれなママザルのとぼけた表情が笑えます。

食べられそうになるという少々怖い展開の話にも関わらず、怖いもの大嫌いの4歳の娘は何度も読みたがりました。きっと、クレパス(?)で大胆に描いた絵が魅力的だったのでしょう。11歳の息子は「なに、この変な話!」といいながらも、催眠術にかかってみたいと、言い出す始末。11歳相手に「食べられちゃうから、やめときなさい」とも言えず、「下手な人にやられると、目が覚めなくなることもあるんだよ」と脅しておきました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マイケル・グレイニエツさんのその他の作品

こざる 10ぴき がんばる! / こねこ9ひきぐーぐーぐー / フィアボ / いのちのいろえんぴつ / おとぞうさん / だれかいるの?

ほその あやこさんのその他の作品

ちかみち / 恋するアルバート / テディ そよかぜさわさわ / テディこなゆきふわふわ / テディ おちばひらひら / テディ おひさまぴかぴか



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

だれかさんの目

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット